(C)arima0208
(C)arima0208

今回はエリザベス女王杯の「全頭診断」を行う。

これまで主に「ローテーション」、「古馬の好走条件」、「血統」といったファクターを説明してきた。

そのことも考慮した「総評」をお届けする。出走頭数多いため、今回は2回に分けてお送りする。今回は第1弾。

なお、完全版は「JIN競馬プレミアムメールマガジン」でお届けするため、そちらに登録してほしい。

週末の予想に直結する可能性が高く、内容は必見。最強の座を目指す牝馬たちを、紐解いていこう。

全頭診断その1

※馬名(血統評価A〜E)
※血統評価はあくまでも血統のみ見た評価であり、出走馬自体の評価ではありません

アロマティコ(B)
父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンスという血統。

父母父と母母父がノーザンダンサー系であるため、好走のための最低限の条件は満たしている。キングカメハメハ産駒のコース好走率も39%と優秀だ。

もっとも、その他の面で強調できない点は多い。まず切れ味が持ち味のアロマティコにとって「初の56キロ」は大きな負担になる可能性ある。斤量が重くなればなるほど、切れ味は鈍るもの。切れ味を削がれれば、他に武器はないだけにどうか。

また、2走前の新潟にしても「ハマった感」が強く、決して実力を反映したものではないと思われる。

新潟外回りはキングカメハメハが最も得意にしているコースの一つで、複勝率は39%、単複回収値はいずれも100を超えている。しかもここから昇級戦組を除けば、複勝率は50%近くに跳ね上がる。アロマティコはGIIIマーメイドSから参戦した降級組だった。

つまり、かなり条件が向いた上での勝利で、過剰に評価すべきではない

おそらく人気にもなるだろう。騎手も含めて、あまり積極的に買いたい馬ではない。

ヴィルシーナ
メールマガジンに掲載

エディン(C)
父ジャングルポケット、母父タイキシャトルという血統。

3代以内にノーザンダンサー系のラインは1本だけ。エリザベス女王杯の好走血統に合致していない。母系にニジンスキーのクロスを持っているし、ジャングルポケット自体がタフな種牡馬なため、一方の余地はあるが、母父タイキシャトルというのもあまりピンとこないし、高い評価はできない。

前走準オープンをやっと突破したが、この時はハンデ戦で斤量は53キロだった。もちろん、56キロの克服歴はない。

藤田伸二騎手が乗る逃げ馬ということで、注意は必要であるものの、あまり魅力は感じない。

オールザットジャズ
→→メールマガジンに掲載

スピードリッパー(D)
父ファルブラヴ、母父サンデーサイレンスという血統。

父はノーザンダンサー系だが、ファルブラヴでは厳しいと言わざるを得ない。

ファルブラヴ産駒は長距離で穴を出すこともあるが、それは下級条件での話。ワンカラット、エーシンヴァーゴウ、アイムユアーズなど、短距離で活躍する馬を多く輩出していて、本質的にはマイル以下がベスト

過去3年、京都芝2200Mでは5頭のファルブラヴ産駒が走っているが、馬券に来たのは未勝利戦のタニノシュヴァリエのみ。

昨年のエリザベス女王杯ではスマートシルエットが6番人気に支持されたが、16着と大敗している。(スマートシルエットは以前にもこのコースで1番人気に支持されたが、6着に敗れている。)

2走前を見ても分かるとおり、洋芝適性は高いが、京都の芝では厳しい。

セキショウ(D)
父シンボリクリスエス、母父サンデーサイレンスという血統。

3代以内にノーザンダンサー系のラインは1本のみで好走血統には合致していない。

しかも父はシンボリクリスエス。エピファネイアという怪物が出て「芝の長距離GIでは勝てない」というジンクスを打ち破ったとはいえ、エピファネイアは例外中の例外。

エピファネイアを除けば芝2000M以上のGIでの成績は散々なものだ。

シンボリクリスエス産駒GI成績
(0−2−0−33)
勝率0%
複勝率5%
単勝回収値0
複勝回収値10

斤量の面では恵まれているが、変える要素はない。

セレブリティモデル(C)
父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンスという血統。

ノーザンダンサー系のラインは1本のみだが、母母父はセントサイモン系で見どころはなくはない。

もっとも、単純に力的に厳しいだろう。

エリザベス女王杯は「好調馬」しか来ないレースだからだ。

http://jinkeiba.com/2013/1108/5431

ここで大駆けというのは考えづらい。

タガノイノセント(D)
父マンハッタンカフェ、母父ウッドマンという血統。

ノーザンダンサー系のラインは1本で、母父は消し血統のミスプロ系。特に見るべきものはない。

血統的に合わない準オープンクラスの6歳牝馬では単純に厳しい。

ディアデラマドレ
メールマガジンに掲載

ということで、最も買いたい馬はこの馬

その馬の名は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

次回も「全頭診断」をお送りする。乞うご期待!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!