(C)slime0
(C)slime0

東京11R 府中牝馬S

◎08 ゴールデンナンバー
◯04 アロマティコ
▲06 マイネイサベル

←大穴(現在10位前後)

△13 ドナウブルー
△02 マルセリーナ

東京の馬場状態

まずは東京の馬場についてだが、血統的には「軽さ」がポイントになる。

府中牝馬ステークスと同じ舞台で行われた神奈川新聞杯では「母父ミスプロ系」だった3頭が馬券圏内を独占。

さらに3Rの未勝利戦でも、父アドマイヤドンのアルバートを含めて、3着内に入ったすべての馬が「父か母父がミスプロ系」だった。

また、長く良い足を使えるグレイソヴリン系なども強調できる。

展開予想

13頭立てで、前走4コーナーを5番手以内で回った馬がドナウブルーの1頭のみ。

どスロー濃厚。となると、前残りか、末脚勝負か、ということになるわけだが、馬群が固まってのヨーイドンだと予想する。

評価

本命はゴールデンナンバーに打つ。父ダイワメジャー、母父セルカークという血統。セルカークはネイティブダンサー系(ミスプロの父)であり、現在の馬場に必要な軽さを持ち合わせている。

加えて、確かな末脚を持っている。過去6走中5走で上がり1位を記録するなど、ヨーイドンの勝負になれば負けない。前走は頭差で敗れているが、重賞級の力を持っているサトノギャラントの2着であれば何の問題もないだろう。

対抗にはアロマティコ。父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンスという血統だけに、ここは抑えざるをえないだろう。この馬はキャリア15戦すべてで上がり3位以内を記録している。前走も強い内容だった。

昨年の勝ち馬、マイネイサベルは当然合う。前走GI組の成績が悪く、この人気であるため3番手までだが、普通に走れば勝ち負けだろう。

大穴は、同じく確かな末脚を持っているこの馬。

その馬の名は→(現在15位前後)

母父ネヴァーベンド系、母母父ブラッシンググルーム系というのも現在の馬場には合っている。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!