(C)arima0208

本日はクラシックへの登竜門、ラジオNIKKEI杯2歳Sの危険な人気馬について書いていこう

予想の全容はメルマガや競馬予想グランプリで公開するので、そちらを参考にしてほしい。

なお、余談だが本日は【勝負度A】のレースを配信予定。こちらも乞うご期待!

JIN競馬~勝ち組育成メルマガ~【PC版】
JIN競馬~勝ち組育成メルマガ~【モバイル版】

■競馬予想グランプリ詳細
http://keiba.mycom.co.jp/sp/m/

◆アプリ
スマホ
http://itunes.apple.com/jp/app/jing-ma-yu-xianggp/id514529424?mt=8

アンドロイド
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.mynavi.android.keibagp

ラジオNIKKEI杯2歳Sの危険な人気馬

ラジオNIKKEI杯2歳Sはクラシックへの登竜門として知られている。

それを証明するかのように、過去5年の好走馬15頭のうち、13頭が父サンデー系。例外の2頭のうち、1頭はエピファネイアで、父はサンデーサイレンスと同じヘイロー系だった。

このことからも、父サンデー系を狙っていくことがセオリーと言えそうだ。

私の本命も、当然父サンデー系から選んでいる。

もっとも、“危険な人気馬”も父サンデー系の中に潜んでいる。その筆頭が、この馬だろう。

その危険な人気馬の名(J)は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

この馬はデビュー戦で鮮烈な勝ち方をして、前走の血統評価は「A」だった。しかし、結果は伸び切れずに馬券圏外。

その走りは、特にスケール感を感じさせるものではなかった。

確かな末脚がある馬だけに、人気を集めやすく、今回もさほど人気は落ちていない。明らかに「過剰人気」といえるだろう。

しかも今回は前走に比べて条件は向かない。一応、血統評価は「B」だが、前走「A」であの程度の走りだったのだから、それで人気を集めているなら嫌って妙味ありだろう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!