(C)taka_10

今週は牝馬クラシック最終戦の秋華賞について徹底検証していく。

まずは過去のレースを振り返り、秋華賞のレース質について紐解いていこう。

キーワードはズバリ「持続力」。それは一体どういうことなのだろうか?

秋華賞の舞台設定

まずは秋華賞が行われる舞台設定について考えていこう。

秋華賞は「開幕2週目」の「京都芝内回り2000M」で行われる。

開幕してまだ日が浅いため、ほとんどの場合、馬場は良好な状態で行われる。馬場状態が良いということは、基本的には内が有利になる。

また、内回りコースということは直線が短い分、道中やコーナーでの位置取りや仕掛けどころで勝負が決まるケースが多い。つまり、器用さが求められる。

まとめると、秋華賞は馬場状態が良好な「内有利」なレースで、タイプ的には「器用さ」が必要になる。

以上のことを踏まえて、過去のレースのラップを見ていこう。

上がりと持続的なスピード

以下が過去5年の秋華賞のラップの推移と、テンと上がりの3ハロンを比較したものだ。

2012年
12.3 – 11.0 – 13.2 – 13.4 – 12.3 – 11.6 – 11.4 – 11.3 – 11.5 – 12.4
36.5-35.2

2011年
12.2 – 10.8 – 11.6 – 11.8 – 11.9 – 12.2 – 11.9 – 12.1 – 11.7 – 12.0
34.6-35.8
※稍重

2010年
12.0 – 10.8 – 12.0 – 11.9 – 11.8 – 12.8 – 12.5 – 11.6 – 11.2 – 11.8
34.8-34.6

2009年
12.3 – 10.3 – 11.4 – 11.9 – 12.1 – 12.8 – 12.2 – 12.0 – 11.6 – 11.6
34.0-35.2

2008年
12.3 – 10.4 – 12.3 – 12.2 – 11.4 – 12.5 – 11.9 – 11.5 – 11.8 – 12.1
35.0-35.4

全般的に言えるのが「スピードの持続力」、もしくは「瞬発力」が必要になるということだ。

昨年は中盤13秒台が2ハロン続いてかなり緩んだものの、後半1000Mは11秒台のラップを刻み続けた。持続的な脚を使えなければ、好走が難しいラップだったと言える。

2011年、2010年、2008年はテンと上がりの3ハロンの差が1秒以内という持続力レースの典型のようなラップ。

残る2009年は前半が早かったことで瞬発力を問われるレースとなったが、傾向としては「スピードの持続力」を求められる傾向にあると言っていいだろう。

今年のメンバーを見てみると、紫苑Sを逃げ勝ったセキショウが出走を予定しているため、ある程度ペースは流れると予測される。

まとめると、秋華賞で求められるのは「スピードの持続力」(に加えて「瞬発力」もあればなお◎)。この要素を持った血統の馬を、買っていきたい。

では、どういった血統を買っていけば良いのだろうか? 私は、この大種牡馬に注目している

その馬の名は……(現在15位前後)

次回は「血統面」について検証していく。乞うご期待!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!