(C)arima0208
(C)arima0208

前回は「スプリンターズSへ臨む上でのローテーション」について記した。

今回は、スプリンターズSで注目すべき血統について触れていくことにしよう。

近年の好走馬たちに共通しているのが「芝ダート兼用の血」を持っていたことだ。

既に検証済みのとおり、スプリンターズSのペースは必ず速くなる。前半から速いスピードで流れる競馬に対応することが求められるため、血統的には「持続力」がキーワードとなる。つまり、ダートの血が生きてくるということだ。

もっとも、スプリンターズSは芝のGIレース。ただのダート馬では力不足だ。そこで台頭してくるのが、芝ダート兼用馬、すなわち、「芝ダート両方のGIを勝利した実績のある馬」、もしくは「産駒が芝ダート両方のGIを制している馬」である。

実際、過去の好走馬たちの血統を振り返ってみると、多くの馬が「芝ダート兼用の血」を持っていた。

2012年
1着 ロードカナロア(2番人気)
父キングカメハメハ
・自身が芝GI馬
・ルーラーシップやロードカナロアといった芝GI馬を輩出
・ホッコータルマエやハタノヴァンクールといったダートGI馬を輩出

2着 カレンチャン(1番人気)
父クロフネ
・自身が芝ダート両方のGIを制覇

2011年
1着 カレンチャン(3番人気)
前述

2着 パドトロワ(9番人気)
母父フジキセキ
・自身が芝GI馬
・サダムパテックやファイングレインといった芝GI馬を輩出
・ダート王カネヒキリを輩出

2010年
2着 キンシャサノキセキ(3番人気)
父フジキセキ
前述

ご覧のとおり、過去3年の連対馬だけ見ても6頭中5頭が「芝ダート兼用の血」を持っていた。今年のレースでもキーになってくること間違いなしだ。ということで注目したい「とっておきの穴馬」はこの馬!

その馬の名は→(現在15位前後)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!