(C)arima0208
(C)arima0208

昨日はオールカマーで必要な実績について検証した。

今回はオールカマーの「血統」について記していく。同じ条件で行われたセントライト記念同様、オールカマーでは「ノーザンテースト」と「セントサイモン(リボー)」の血が重要になっていくる。

実際、過去5年の連対馬10頭中9頭はこの「特注血統」のどちらかを(または両方を)持っていた。

2012年
1着 ナカヤマナイト(2番人気)
父母母父ノーザンテースト

2着 ダイワファルコン(4番人気)
母母父ノーザンテースト

2011年
1着 アーネストリー(1番人気)
母母父ノーザンテースト
5代前にリボー

2着 ゲシュタルト(6番人気)
父母父ローソサエティ(セントサイモン系)

2010年
2着 ドリームジャーニー(1番人気)
ノーザンテーストの4×3

2009年
1着 マツリダゴッホ(3番人気)
5代前にリボー

2着 ドリームジャーニー(1番人気)
ノーザンテーストの4×3

2008年
1着 マツリダゴッホ(1番人気)
5代前にリボー

2着 キングストレイル(6番人気)
母父ノーザンテースト

ご覧のとおり、10頭中9頭の連対馬は“特注血統”を持っていた。例外のシンゲンは、昨日記した通り超非根幹距離巧者。このレースに臨むにあたり、非根幹距離は3戦3勝、前走はエプソムC(芝1800m)を制しての参戦だった。

ノーザンテースト」と「セントサイモン(リボー)」。この血を持っている馬は今年も注意が必要だ。

今年、この2つの“特注血統”を持っている馬はたったの1頭。当然、注目していくべきだろう。

その馬の名は→(現在15位前後)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!