今週は真夏の2歳重賞、新潟2歳Sの検証を行っていく。

新潟2歳Sの特徴といえば、何と言っても「荒れる」。この1点に尽きる。あとで書くが、2010年は86万馬券、昨年も47万馬券と毎年荒れに荒れている。今年も大振りをして、ホームランを狙っていく所存だ。

では、新潟2歳Sで10万馬券が連発する理由とは何なのだろうか?

それは「ラップ」の中に秘密が隠されている。

2012年
12.6 – 10.8 – 11.7 – 11.8 – 12.0 – 11.7 – 10.8 – 12.1
3連単471,970円

2011年
12.8 – 11.1 – 12.1 – 12.3 – 12.4 – 11.3 – 10.2 – 11.6
3連単57,810円

2010年
12.9 – 11.0 – 12.1 – 12.3 – 12.0 – 11.4 – 11.1 – 11.7
3連単867,410円

2009年
12.6 – 10.5 – 12.0 – 12.7 – 12.8 – 11.6 – 10.4 – 11.8
3連単110,120円

2008年
12.5 – 10.6 – 11.6 – 12.5 – 12.9 – 11.7 – 11.1 – 12.5
※不良馬場
3連単173,450円

ご覧のとおり、ラスト1ハロンで大幅に減速している

新潟競馬場は日本一直線が長い658.7m。しかし、直線が長すぎるがゆえに各馬追い出しが早くなり、結局、最後の1ハロンでスタミナ切れを起こし、減速してしまうのだ。

直線が長いということで切れ味のある馬が毎年人気になる。これ自体は間違ったことではないが、瞬発力だけで押しきれないのが新潟2歳Sの特徴で、スタミナがなければ馬券に絡むことは困難なのだ。

それは、「血統面」を見ても明らかなのだが、その検証はまた次回。

今回は一足先に、新潟2歳Sのカギとなる血統ファクターをお教えしよう。

その重要な血統ファクターとは→ (現在15位前後)で公開中!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!