(C)arima0208

昨日は七夕賞の「血統面」に関して書いた。パワーが不可欠なこの時期の福島芝コースでニジンスキーは欠かせない存在なのだ。

今日も「血統面」について触れていく。引き続き、強調できる血統を挙げていきたい。

パワーが必要なレースでどんな血統を狙えば良いのか? 答えは「ミスプロ系」だ。

アメリカのダート競馬で培われたパワーを誇るミスプロ系。パワーが必要とされるレースで狙うことは基本中の基本だと言える。

実際、七夕賞でもミスプロの血を持った馬が毎年激走している。連対馬だけ見てみても、ミスプロの血の重要性は一目瞭然で分かるはずだ。

2012年
1着 アスカクリチャン
父スターリングローズ(ミスプロ系)

2着 トーセンラー
母父リシウス(ミスプロ系)

2010年
1着 ドモナラズ
父アフリート(ミスプロ系)

2着 アルコセニョーラ
母父モガンボ(ミスプロ系)

2009年
2着 アルコセニョーラ
母父モガンボ(ミスプロ系)

※2011年は中山開催のため参考外

ご覧のとおり、過去3回の開催を見ても、連対馬6頭中5頭が、「父か母父がミスプロ直系種牡馬」だった。ちなみに2009年の1着馬ミヤビランベリはミスプロの血こそ持っていなかったが、母父はニジンスキーだった。

つまり、ミスプロ系かニジンスキーの血を父か母父に持つ馬を狙うことが、「七夕賞の鉄則」と言える。

今年はこの2つの血を持たない馬は割引して考えていくべきだろう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!