リベンジを目指すフミノイマージン (C)Itaru CHIBA

女王という称号を目指して女の戦いが売り広げられるエリザベス女王杯。

今日は血統に関しての考察を行うことにしよう。

エリザベス女王杯を制すためには血統ファクターが欠かせない。

キーワードはずばり、「ノーザンダンサー系」である。




JIN競馬メルマガ!
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

エリザベス女王杯においてノーザンダンサー系は絶対に欠かすことができない血だ。

GIという大舞台で56キロという重たい斤量を背負って好走するためには、相当の底力が要求される。となると、ノーザンダンサー系が最も後押しできる血統なのである。

・父か母父がノーザンダンサー系
・3代目以内にノーザンダンサー系の血を2ライン持っている

過去の好走馬(※外国馬のスノーフェアリーは除く)を見ていくと、上記の条件のいずれかを必ず満たしていた。

2011年
アヴェンチュラ
父母父、母母父がノーザンダンサー系

アパパネ
母父ソルトレイク(ノーザンダンサー系)

2010年
メイショウベルーガ
父フレンチデピュティ(ノーザンダンサー系)
母父サドラーズウェルズ(ノーザンダンサー系)

アパパネ 前述

2009年
クイーンスプマンテ
父母父、母母父がノーザンダンサー系

テイエムプリキュア
母父ステートリードン(ノーザンダンサー系)

ブエナビスタ
母父カーリアン(ノーザンダンサー系)

ご覧のとおり、3年だけ振り返ったが好走馬全頭が条件に当てはまっている。逆に人気を背負って敗退した馬を見てみると……

2011年
レーヴディソール
3代目以内にノーザンダンサー系の血なし

2009年
ブロードストリート
3代目に1ラインのみ

2006年
アドマイヤキッス
3代目に1ラインのみ

つまり、上記2つの条件を満たさなければ好走する可能性はかなりゼロに近いと言わざるをえない。逆に、この条件をクリアしている馬は激走の可能性がかなり高まるということ。例えば、この馬は非常に面白い存在だ。その馬の名は……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

【稼げる裏技】が話題に!

2カ月前、ある男性が日記で公開して以来、”稼げるサイト”として一躍噂が広まった競馬サイトをご存知ですか?

検証期間の1カ月で数十万円のプラス収支を叩きだしたこのサイト。

現在、新規会員を募集していない「メンバー専用クラブ」ですが、

特別に招待IDを発行してもらいました!

http://gj-club.jp/

上記HPにアクセスして、トップページにある「招待コード入力」欄に下記を入力してください。

特別招待コード
A5017

もちろん、登録は無料です。期間限定なので、ある日突然招待IDが無効になってしまうことも……。早めに登録が肝心ですね!

【サイトHP】
http://gj-club.jp/

特別招待コード
A5017

2012年11月現在、まだ登録は可能です!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!