圧巻のデビューを果たしたエピファネイア(C)takakim10

伝説は受け継がれる。

血によって伝説は伝わっていく。

異国の地においても圧倒的な強さでGIを制した母シーザリオの血を受け継いだモノ。

エピファネイア

その圧巻のパフォーマンスで、早くもクラシック戦線の“主役”に踊りでた





JIN競馬メルマガ!
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

GREE炎上!ある男性が【日記】で書いた【稼げる裏技】話題に!

母から息子へ受け継がれし圧巻の能力

もう主役と言い切ってしまうのは時期尚早である。ただ、その可能性を十分に秘めていること、また今年の新馬戦における最高のパフォーマンスだったことを考慮すれば、主役という表現も言い過ぎではないだろう。

道中内々で進むと、直線では前が詰まりながら外へ持ちだして圧巻の上がり33.5。

他馬を軽く蹴散らし、3馬身差をつけてゴール板を駆け抜けた。

普通の馬であれば明らかに足を余して届かないか、闘争心が消えてしまうような展開の中であまりにも簡単に勝ち切ってみせた。これは素直に“大物誕生”を受け入れてよいだろう

しかもこの馬、走りを見る限り京都は得意ではないはず。にも関わらず、あの走りなのだから恐れ入る。

父シンボリクリスエスに似つかわしくない瞬発力。これは明らかに母シーザリオからくるものだろう

奇しくも京都7日目芝1800mの新馬戦は、“伝説の新馬戦”と言われるレース。ブエナビスタ、アンライバルド、リーチザクラウン、スリーロールスが走り、翌年にはローズキングダムとヴィクトワールピサが駆け抜けた。

その伝説に、新たな一ページを加えることになるかもしれない。そう思わせるほど、エピファネイアの走りは圧巻だった。今後が、本当に楽しみである。
さて、今週はいよいよ秋の天皇賞。トーセンジョーダンやルーラーシップといった強力な古馬はもちろん、カレンブラックヒルやフェノーメノといった3歳馬も揃った。

このレースで重要になるのが、以下の要素である。それは……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!