今年のイギリス2冠馬キャメロットは15日、42年ぶりの3冠達成を目指して英GIセントレジャーS(芝2937m)に出走したが、エンケに3/4馬身差及ばず敗れた。

当初、3冠を達成し凱旋門賞へ臨むと見られていたキャメロット。現地ブックメーカーのオッズでも1番人気に支持されていたが、セントレジャーでの敗戦により凱旋門賞の回避が濃厚となった模様だ。

これにより、1番人気に踊りでたのは、昨年の凱旋門賞勝ち馬で今年キングジョージも制したデインドリーム、そして日本の5冠馬オルフェーヴルとなった。




JIN競馬メルマガ!
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

躍動する牝馬と停滞する牡馬

大手ブックメーカー、ウィリアムヒルのオッズを見てみると……

1番人気 デインドリーム、オルフェーヴル
3番人気 ナサニエル、スノーフェアリー
5番人気 シャレータ

と続いている。オルフェーヴルのライバルとなるのは、いずれも欧州中距離路線の第一線で活躍する馬たちだ。

ただ、例年に比べると混戦で、出走馬の層は必ずしも厚くない。

特に牡馬の古馬は、例年になく活躍馬がおらず、1番手のナサニエルにしても今年はキングジョージ、そしてアイルランド・チャンピオンシップでそれぞれデインドリームとスノーフェアリーに敗れて2着。距離や斤量の不安がないことはプラスだが、例年の牡馬代表格に比べるとどうしても見劣りしてしまう

また、チチカステナンゴ産駒のフランスダービー馬サオノアは、ニエル賞を勝ったものの凱旋門賞出走には追加登録料を払わなければならず、将来は不透明。

となると、日本の5冠馬でフォワ賞を勝利したオルフェーヴルに人気が集まるのも当然というわけだ。

主要な前哨戦も終わり、いよいよ大勢が見えてきた凱旋門賞。日本馬オルフェーヴルにとっては例年以上にチャンスのあるといって差し支えないだろう。

10月7日、ロンシャンで行われる競馬の祭典に向け、期待は高まる。

神戸新聞杯の重要要素

さて、来週は神戸新聞杯。菊花賞へ向けた重要なトライアルレースだ。このレースがどのような質になるのかは、毎年決まっている。

実際、過去5年である条件の馬は(4-1-1-0)過去5年で4勝、好走率100%という素晴らしい成績を残している。今年も、この条件で走れるかどうかが、非常に重要になってくる。その重要な要素とは……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

【秋競馬はKLAN式スピード指数で実力馬を見抜く!】(PR)

競馬データベースサイトKLANの「KLAN式スピード指数」は、

出走馬の過去レースを数値化して勝ち馬を6頭前後に絞ってくれるツールです。

この6頭をどう馬券にするかは皆さん次第なんですが、

安定的に対象レースの70%以上で勝ち馬が出ます。

先週の実績も対象の39レース中、セントウルステークス(G2)を含む【27レース】(70%)で勝ち馬を輩出。

KLAN式スピード指数

勝ち馬が出た主なレース(特別以上)

■9/9 (日)
中山10RセプテンバーS [1-3着]
阪神 9R 野分特別 [1-2-3着独占]
阪神 10RオークランドRCT [1-2-3着独占]
阪神 11Rセントウルステークス(G2) [1-2着]

■9/8 (土)
中山 9R アスター賞 [1-2-3着独占]
阪神 9R 鳥取特別 [1-2-3着独占]
阪神11R 西宮ステークス [1-2-3着独占]

先週から秋競馬が始まりましたが、みなさん調子はどうですか?

「ちょっと調子悪いなー」という方は、

KLAN式スピード指数」を使って本命馬の実力をもう一度測り直してみてはどうでしょうか?

指数を使ったコース別・距離別・馬場別の分析を使うことで、自分の本命・対抗馬の精度をかなり向上させることができますよ!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!