後のGI馬もレパードSで活躍 【撮影】arima0208

今週は小倉記念の他にも、新潟で3歳ダート重賞レパードSが行われる。それについても考察していこう。

レパードS 過去3年好走馬血統

着順馬名種牡馬母父馬通過順
ボレアスディープインパクトフレンチデピュティ 10-11-07
タカオノボルネオユニヴァースTouch Gold 03-04-04
タナトスシンボリクリスエスサンデーサイレンス 02-02-01
ミラクルレジェンドフジキセキAwesome Again 11-08-08
グリッターウイングクロフネバブルガムフェロー 07-04-04
ソリタリーキングキングカメハメハサンデーサイレンス 06-02-02
トランセンドワイルドラッシュトニービン 02-02-02
$スーニSotoRoanoke 02-03-03
スタッドジェルランキングカメハメハBlack Tie Affair 04-03-03

※血統系統色別表




JIN競馬メルマガにて!
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

まず注目したいのはヴァイスリージェント系だろう。過去3年で好走した9頭中、半数以上の5頭がヴァイスリージェントの血を父か母父に持っていた。

新潟ダートは逃げ、先行が圧倒的に有利であるだけに、先行して持続的な脚を使えるアメリカ的な血が強調できるのだ。

このため、ヴァイスリージェント系も含めて、父か母父にダート要素がない馬は厳しい。実際、ヴァイスリージェント系以外は2頭がミスプロ系。トランセンドは自身も父ワイルドラッシュもダートGI馬。そしてタナトスにしても父シンボリクリスエスはサクセスブロッケンを輩出している。

血統的にダート要素が薄い馬が毎年人気になっているが、やはり軽視したほうが無難だろう。

【小倉記念】先週の好走血統

さて、今週は小倉芝2000mで行われる小倉記念。先週の傾向を見ていくと、ダート血統が強調できる状態にあることは間違いない。となると、この馬にとっては格好の舞台になりそうだ。その馬とは……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!