久々の勝利を掴みたいトーセンラー【撮影】 arima0207

小倉芝2000mで行われる小倉記念。まずは先週の芝の血統傾向を見ていこう。

先週小倉芝2000m好走馬

着順馬名種牡馬母父馬通過順
ハワイアンウインドキングカメハメハDanehill 06-05-04
エルヴィスバローズディープインパクトMr. Prospector 10-10-09
メイショウタマカゼダイワメジャーコマンダーインチーフ 04-05-04
ロードハリケーンディープインパクトUnbridled 06-04-04
キタサンパイロットゼンノロブロイKingmambo 01-01-01
バーニングジールハーツクライMoscow Ballet 05-04-04
ナリタスカイディープインパクトWoodman 11-07-07
スリーアフロディテスズカマンボラムタラ 06-04-01
ヒデノビクトリアオンファイアタマモクロス 09-07-04

開幕週だった小倉競馬場。当然、馬場はまだ良い状態で、9頭中8頭が父サンデーサイレンスだったように、スピードは強調できる。




JIN競馬メルマガにて!
携帯版 / PC版 → 詳細はこちらへ
メルマガ的中した10万馬券を公開中!!
万馬券的中の真実へ

ただ、最も注目したいのはダート血統の台頭に代表される、パワーの血統の躍進だろう。好走した9頭中5頭は父か母父がアメリカダート血統の代表格であるミスプロ系(キングマンボを含む)。

そして2頭は、豊富なパワーを誇るニジンスキー系が母父だった。つまり、9頭中7頭は血統的に明確なパワーの血を持っていたことになる。

さらに残りの2頭にしても好走した理由ははっきりしている。まず10番人気で好走したメイショウタマカゼは父がダイワメジャー。同馬はサンデーサイレンス系の中でもダートの成績が高い種牡馬。また母母父にしても馬力のあるヌレイエフ系だった。

そして最後の1頭ヒデノビクトリアだが、同馬は何といっても母父グレイソヴリン系で、当コースの特注血統に該当していた。

このように、ダート血統が強調できる状態にあることは間違いない。となると、この馬にとっては格好の舞台になりそうだ。その馬とは……

jinkeiba_banner_20111207085800.jpg
(現在10位以内!リンク先で解答の確認をお願いします!)
参考になった方は応援クリックお願いします!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!