「2013年競馬予想」の記事一覧(2 / 35ページ)

【有馬記念】全頭診断!オルフェーヴルやウインバリアシオンの評価は?/2013

GI検証

今回は有馬記念の“全頭診断”を行う。これまで「適性の重要性」、「激走のために必要な“必須条件”」、「血統」、「馬場考察」など、様々な角度から検証を行ってきた。そのことを加味した上での「総評」をお届けする。今回は第1弾。なお、完全版は「勝ち組育成メルマガ」でお届けするため、そちらに登録してほしい。週末の予想に直結する可能性が高く、内容は必見。では、2013年の“総決算”有馬記念のメンバーを紐解いていこう。

【有馬記念】中山芝2500Mの“特注種牡馬”とは?/2013

GI検証

前回は有馬記念の血統傾向について書いた。ディープインパクトよりもステイゴールドが強調できるのが中山芝2500M。どういったタイプの馬を買うべきか、分かっていただけたかと思う。今回はステイゴールドと並び、このコースで最も強調できる種牡馬をお伝えしておこう。

【有馬記念】ゴールドシップは復活できるのか?/2013

GI検証

前回は“中山マイスター”のマツリダゴッホから、有馬記念で必要な実績について紐解いた。「適正」が大きなカギを握る有馬記念では中山実績や“ある実績”が非常に重要になってくることが分かった。今回は、このレースのカギを握る有力馬、ゴールドシップに関して考察していこう。

【有馬記念】マツリダゴッホから読み解く激走に必要な“必須実績”とは?/2013

GI検証

前回は有馬記念の「舞台設定」について検証した。「中山芝2500M」で行われる有馬記念は通常のGIとは異なり、「専門性」が求められるため、「適正の差」がレース結果に大きく影響することが分かった。今回はその「適正」に関して、掘り進めていく。その上で最高の“教科書”となるのが、“中山マイスター”のマツリダゴッホだ。

【朝日杯FS】本命ショウナンアチーヴと対抗ウインフルブルームから的中!!/2013

回顧

今週の勝負レースは朝日杯FSだった。アジアエクスプレスを軽視してしまって完全的中とはならなかったが、しっかりとワイドと3連複を的中することができた。しかも、印を打った馬が7着までを独占。「危険な人気馬」と公言してはばからなかったベルカントは予想通り10着に沈んだ。

【朝日杯FS】全頭診断!プレイアンドリアルやショウナンアチーヴらの評価は!?/2013

GI検証

今回は朝日杯フューチュリティステークスの“全頭診断”を行う。これまで「買いたい馬のタイプ」、「2歳王者決定戦の本質」、「ローテーション」、「血統」など、様々な角度から検証を行ってきた。そのことを加味した上での「総評」をお届けする。今回は第2弾。なお、完全版は「勝ち組育成メルマガ」でお届けするため、そちらに登録してほしい。週末の予想に直結する可能性が高く、内容は必見。では、2歳王者決定戦のメンバーを紐解いていこう。

ページの先頭へ