(C)tonynokeiba

今回は有馬記念の“全頭診断”を行う。

これまで「適性の重要性」、「激走のために必要な“必須条件”」、「血統」、「馬場考察」など、様々な角度から検証を行ってきた。

そのことを加味した上での「総評」をお届けする。今回は第1弾。

なお、完全版は「勝ち組育成メルマガ」でお届けするため、そちらに登録してほしい。

週末の予想に直結する可能性が高く、内容は必見。では、2013年の“総決算”有馬記念のメンバーを紐解いていこう。

全頭診断その1

※枠順、馬名(血統評価A〜E)の順
※血統評価はあくまでも血統のみ見た評価であり、出走馬自体の評価ではありません
※特別な注釈がない限り、データは過去3年のもの
※ブログ用に一部修正している箇所があります。ご了承ください

1-1 ダノンバラード
メールマガジンに掲載

1-2 ヴェルデグリーン
メールマガジンに掲載

2-3 カレンミロティック
メールマガジンに掲載

2-4 ウインバリアシオン
メールマガジンに掲載

3-5 デスペラード(B)
父ネオユニヴァース、母父トニービンという血統。

配合的にも戦績的にもスタミナ豊富なことは明らかだろう。父は中山が得意なネオユニヴァースで、母父トニービンは凱旋門賞馬。スタミナのある種牡馬だ。

一見すると手を出してみたくなる馬ではある。

ただ、好走血統を持っているわけではないし、その他の面でプラス要素がほとんどない。

中山では1勝3着1回だが、どちらもステイヤーズSでのもの。有馬記念で重要な●●●●実績という点でも物足りないし、何よりこの馬には余力がない可能性が高い。

有馬記念は余力が重要なレースだ。

各馬、秋に始動して2〜4走をこなして迎えるのが有馬記念というレースである。だから激戦の疲れが原因で“不可解な凡走”をしてしまった馬は過去に何頭もいる。

デスペラードの戦績を見てみると、京都大賞典(芝2400M)、アルゼンチン共和国杯(芝2500M)、そしてステイヤーズS(3600M)と、いずれも2400Mを超えるレースを使っている。

9月以降に走った距離の長さを比較すると、テイエムイナズマについで2位となる。これだけ走っていたら「余力」は残っていない可能性が高い

一応、中山での重賞実績や●●●●における2着があるものの、いずれも3000Mを超える距離でのもの。そう考えると、ここで激走するための条件が揃っているとは考えづらい。

3-6 オルフェーヴル
メールマガジンに掲載

4-7 タマモベストプレイ(D)
父フジキセキ、母父ノーザンテーストという血統。

マイラーのダイワメジャーが3着に来られるのが有馬記念というレースだ。だからサンデー系×ノーザンテーストという似たような配合に期待を寄せている方もいるだろう。

しかし、ダイワメジャーとこの馬には決定的な違いがある

ダイワメジャーは、天皇賞馬や菊花賞馬を輩出しているサンデーサイレンスの直仔だったのに対し、この馬はフジキセキの産駒だ。フジキセキはサンデーサイレンスよりも短距離思考が強く、キンシャサノキセキなどのスプリンターも数多く輩出している。

一方で、2000Mを超えるGIでの実績はほとんどない

兄弟を見てもマイル以下の距離でしか活躍できていない。いくら特注血統を持っているとはいえ、この血統構成の馬を買う訳にはいかない。

ここを大敗して、次走大幅距離短縮で狙いたい馬だ。

4-8 ラブリーデイ(B)
父キングカメハメハ、母父ダンスインザダークという血統。

エイシンフラッシュやトゥザグローリーが穴を開けているように、有馬記念ではキングマンボ系が強調できる

また、母父のダンスインザダークも侮れない馬だ。マイル以上の芝レースにおける近1年の母父ダンスインザダークの成績は……

(4−5−6−39)
勝率7%
複勝率28%
単勝回収値131
複勝回収値118

パーセンテージこそ高くはないが、回収率は秀逸。穴を開ける可能性を秘めた血だということだ。

特に今開催は調子がよく、(2−1−0−3)で単勝回収値は500を超えている。しかもこの2頭、いずれもキングカメハメハ×ダンスインザダークという配合の馬だった。

どちらも下級条件での勝利とはいえ、気になる要素ではある。

ステップは昨年オーシャンブルーが大穴を開けた金鯱賞から。中山での好走歴こそないが、●●●●レースは(2−1−0−1)と適性は高い。

可能性は低いだろうが、全く人気はないはず。ヒモに加えてみても面白い1頭だ。

5-9 ルルーシュ(D)
父ゼンノロブロイ、母父ハイエストオナーという血統。

現在の中山の馬場で強調できないサンデー系を父に持ち、母方も特別スタミナに優れているというわけではない。有馬記念に向いた血統ではない

付け加えるなら、先週の土曜日、半弟のオメガホームラン(父ダイワメジャー)が中山のマイル戦で圧倒的な1番人気(2.1倍)に支持されながらも見せ場なく、9着に敗れている。

ルルーシュ向きの馬場とは言いがたい

中山での戦績を見ても推せない。1番人気2回を含む3度の出走歴を持つが、結果は(0−0−0−3)。ここ最近馬券になった条件がすべて東京芝2500Mということを考えても、中山適性の低さが伺える。

ジャパンカップではそれなりの競馬をしたが、条件が悪化する今回、上積みを見込めるはずもない。

昨年は8着と健闘はしているが、今年も頑張ってもそれくらいの順位に落ち着く馬だと感じられる。

ということで、この中で「面白そうな穴馬」はこの馬!

その馬の名(H)は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!