(C)arima0208
(C)arima0208

前回の検証では、有力馬の1頭であるゴールドシップについて取り上げた

今回はまた別の角度から検証を行っていく。

歴代の好走馬たちはどのような血統背景を持っていたのか? それを知ることで、有馬記念の激走馬が見えてくる

ステイゴールド>ディープな中山芝2500M

歴代の好走馬を見ていくと、最初に目につくのがやはり「ステイゴールド産駒の躍動」だろう。

昨年のゴールドシップ、一昨年のオルフェーヴルとステイゴールド産駒が連覇中で、ドリームジャーニーも合わせれば過去4年で3勝を挙げている。

昨年は10番人気のオーシャンブルーが激走し、中山芝2500Mへの適性の高さが改めて証明された。

例えば、リーディングサイアー争いでステイゴールドよりも上位にいるディープインパクトと比較してみても、ステイゴールドの適性の高さは明らかだ。

過去1年の中山芝2500Mにおける成績を比較してみると……

ステイゴールド産駒
(3−2−1−6)
勝率25%
複勝率50%
単勝回収値194
複勝回収値285

ディープインパクト産駒
(0−2−0−2)
勝率0%
複勝率50%
単勝回収値0
複勝回収値60
※うち3頭が1番人気

サンプルが少ないとはいえ、その差は一目瞭然だろう。

ステイゴールド産駒は人気にかかわらず、激走しているのに対し、ディープインパクト産駒は出走馬4頭の内3頭が1番人気に支持されたものの、勝った馬は1頭もいない。

ディープインパクトはなんといっても類まれな瞬発力が特徴であり、東京芝2400Mで勝てる種牡馬だ。

一方のステイゴールドは勝負根性があって重たい馬場をもろともしない中山芝2500Mに合ったタイプの種牡馬だ。

つまり、有馬記念では血統的にも「瞬発力型」の馬よりもタフな「地力型」の馬を買うべきなのだ。

また、ステイゴールドがここまで素晴らしい成績を残せている背景には、中山重賞における“特注血統”の血を引いていることも関係している。

その血についてはメルマガで詳しく解説するが、今回はその“特注血統”を色濃く持っている注目馬を紹介しておこう。

その馬の名(E)は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!