今回は新潟大賞典2016の検証をしていきます。

前回は新潟大賞典の予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



新潟大賞典の出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1フルーキー3.1
2サトノラーゼン4.5
3ダコール5.1
4ヒストリカル7.5
5ショウナンバッハ8.4
6ベルーフ12.2
7ダービーフィズ16.0
8マイネルミラノ16.6
9シャイニープリンス23.9
10サトノギャラント29.2
11アングライフェン35.6
12パッションダンス40.5
13ロンギングダンサー71.0
14メイショウナルト146.6
15バロンドゥフォール244.3
16メイショウカンパク527.9

こんな感じですね。では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

フルーキー

重賞では常に“善戦マン”となる馬ですね。本質的にGIIIで勝ち負けくらいの力で、それ以上になると人気±2くらいの順位に収まる。

中山記念の4着は対戦相手と着順だけ見れば立派ですが、内容的には完敗で“漁夫の利の4着”といった感じ。これで人気になるならちょっと嫌だなーと思うくらいです。

血統的には可もなく不可もなく、といったところ。勝ち切るイメージがあまりないので、掲示板の下のほうに収まるんじゃないかなと思っています。

サトノラーゼン

ダービー以降、馬券になれない時期が続いています。ただ、このメンバーに入れば実力上位でしょう。

血統的にも見どころあり。なんといっても母系にロベルトとニジンスキーを内包しているのは大きい。

あとは休み明けに走らない馬なので、その点がどうかですね。

ダコール

前走(小倉大賞典)の回顧↓↓

メンバー低調+得意条件で2着。結果的に差し馬が有利な流れも含めて恵まれた。次走、条件悪化なら軽視

ということで適正外のレースに出てきたら嫌おうと思っていたんですが、適性のあるレースに出てきてしまいました(・_・;)

別に「厚く買いたい!」ってわけじゃありませんが、適性があるのは間違いないので拾っておくのが無難でしょう。

ヒストリカル

前走(中日新聞杯)の回顧↓↓

コーナーで大幅な距離ロス。この上がりで届かないなら仕方ない。ノーカウント。見直し可。ただし、ディープインパクト産駒の差し馬ということで過剰人気になりがち。期待値が低い可能性があるので注意

ということで、人気になりやすい割に不利を受けたり、ロスが大きかったりする馬なので期待値はそんなに高くない。本命にするような馬ではないですね。

ショウナンバッハ

前走(中日新聞杯)の回顧↓↓

展開△。ロスの多い競馬。コーナーで距離ロス。どうしても展開に左右されるため、ハマりまち。ただし、ステゴ産駒の差し馬は期待値高くないため、狙いづらい

ということで、この馬もヒストリカルと同じような立ち位置です。人気がないなら買ってもいいんですが、人気になるならリスクの大きさを考慮すべき。要するに人気次第で扱いを変えればいいと思います。

上位人気の評価はこんなところ。

なお、現時点で注目している穴馬はこの馬です。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走、割と意味不明な競馬をしてくれちゃったわけですが、本来はある程度のポジションにつけて競馬を進められる馬です。本来の競馬ができるなら、ここでも有力だと思います。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!