今回はヴィクトリアマイル2016の検証をしていきます。

前回はヴィクトリアマイルの予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



ヴィクトリアマイルの出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1ミッキークイーン2.9
2ショウナンパンドラ3.6
3スマートレイアー5.7
4ルージュバック7.9
5マジックタイム8.9
6ストレイトガール14.2
7クイーンズリング15.4
8レッツゴードンキ28.7
9シュンドルボン35.8
10ウインプリメーラ41.6
11カフェブリリアント46.7
12シャルール52.2
13ショウナンアデラ58.2
14ウリウリ84.9
15ウキヨノカゼ120.6
16メイショウマンボ209.2
17レッドリヴェール211.2
18トーセンビクトリー225.8
19ココロノアイ257.3
20アンドリエッテ359.8
21シングウィズジョイ558.7
22ダンスアミーガ1061.5
23アイライン1369.6

こんな感じですね。では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

ミッキークイーン

前走(阪神牝馬S)の回顧↓↓

地力勝負で2着。血統○。前がやや壁になってスムーズに追い出せなかったことが敗因。とはいえ、休み明けの前哨戦としては上々の出来。力を示した。ヴィクトリアマイルでも当然有力

ということで、普通に買ったほうがいい1番人気だと思います。特に嫌う理由はないですね。人気の差し馬という意味ではリスクはあるのと、浜中騎手が復帰していきなりどうなのか、というのが懸念点でしょうか。

ショウナンパンドラ

前走(大阪杯)の回顧↓↓

1、2着とは位置取りの差。トライアルらしい走り。上がり1位を使っているし、能力があることは間違いない。ただし、次走ヴィクトリアマイルというのはネック。マイルは明らかに短いし、後ろから行くとなると不利を受ける可能性も高くなる。牝馬限定戦なので力だけで押しきれる可能性がないとも言わないが、割引は必要だろ

距離短縮がどうかですね。この一族は基本的にスタミナ型。フェイムゲームやバランスオブゲームはもちろん、父フジキセキのドリームパスポートが菊花賞で2着に来てしまうくらいですから、相当スタミナに寄っている。

実際、マイル以下のGIの実績はほとんどなく、バランスオブゲームが安田記念で3着になったくらい。基本は割り引いて考えたほうがいいのではないでしょうか??

スマートレイアー

前走(阪神牝馬S)の回顧↓↓

地力勝負で1着。血統○。展開○。順当勝ち。前々で競馬ができるディープ産駒は強い。ヴィクトリアマイルでもこの競馬ができるなら。少なくとも過去のように上がりにかけるような競馬よりははるかにチャンスがある

ディープインパクト産駒は差し馬より先行馬のほうが期待値が高い、というのを証明してくれています。脚質転換によって一気に厄介な存在に。

上位人気の評価はこんなところ。

なお、この中で1番評価しているのはこの馬です。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!