今回は中山牝馬ステークス2016の回顧を行っていきましょう。

各馬の評価を見直し、レースを振り返ることで次走買えるのか否かが見えてきます!

回顧は「各馬が次走で買えるのか?」という予想のスタートです。しっかり振り返って行きましょう!



各馬の評価は?

戦前の評価は、メルマガで発行している予想ファイルを見ていただければ幸いです。

1着 △16 シュンドルボン

スローの上がり4ハロンの競馬。1、2コーナーから終始外を回した。着差以上の勝利。血統○。展開○。1番人気惜敗→人気落ちで好走というハーツクライ産駒の得意パターン。力はあるため、引き続き警戒。距離延長○。ヴィクトリアマイルへ行くなら軽視

2着 ▲15 ルージュバック

スローの上がり4ハロンの競馬。1、2コーナーから終始外を回した。着差以上の内容。血統○。展開○。マンカフェ牝馬のため、決め手に欠ける部分があって勝ち切れない。距離は不問だが、GIだと期待値の低い血統のため、人気ほどの信頼性はないし、買うとしても2、3着を想定したい

3着 無06 メイショウスザンナ

スローの上がり4ハロンの競馬。とにもかくにも小回り巧者。内々を回って直線もスムーズに前が空き、うまく行った部分があった。人気が出ないタイプのため、同じ条件なら警戒したい

4着 △10 アルマディヴァン

スローの上がり4ハロンの競馬。距離短縮がハマった。もっとも、もともと末脚を使えるタイプ。この展開で前々で競馬したなら押し切りたかった。ここまで接戦だったのは展開の助けもあった。距離短縮○

5着 ×09 ハピネスダンサー

スローの上がり4ハロンの競馬。血統△。メイショウサムソン産駒は2000m以上でこそ。距離延長○。2000m未満の場合はスピード負けするため、基本的に割引した方がいい

16着 ◎01 クインズミラーグロ

スローの上がり4ハロンの競馬。内々を通って絶好の競馬も、直線で前を閉められて失速。ノーカウント

上位馬の評価はこんなところですね。

なお、今回のメンバーの中で次走、好走する可能性が高い馬は、以下になります

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

評価→スローの上がり4ハロンの競馬。展開△。コーナーで距離ロス。最後方から大外ぶん回しという酷い競馬だった。ノーカウントでOK

なお、メルマガ『実践的血統学』では全重賞を含む、全芝レースの回顧(馬別)を行っています。(↓↓サンプル↓↓)

京成杯2

このレースで6着以下だった馬や、重賞以外に出走した馬の評価が気になる方はぜひご購読を。次走の穴馬は6着以下に隠れていることが多いので、チェックしてみてくださいねー!

【メルマガ】『実践的血統学』詳細へ

2017年への教訓

・牝馬限定のハンデ重賞。波乱傾向にある

・血統的にはとにかくトニービンとキングマンボ系

・4歳馬は過剰人気になりがち。妙味という意味では5歳以上を狙うほうがベターか

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!