今回は中山牝馬ステークスの血統検証を行っていこう。

持続力レースに対応するために必要な血とは一体何なのだろうか?

歴代好走馬の血統を紐解き、強調できる血を探していこう。

中山牝馬ステークス│過去5回好走馬血統

馬名種牡馬母父馬
フーラブライド1ゴールドアリュールメジロマックイーン
ケイアイエレガント10キングカメハメハA.P. Indy
キャトルフィーユ4ディープインパクトTejano Run
マイネイサベル6テレグノシスサンデーサイレンス
スマートシルエット2ファルブラヴDeputy Minister
オールザットジャズ1タニノギムレットサンデーサイレンス
レディアルバローザ8キングカメハメハTejano Run
オールザットジャズ7タニノギムレットサンデーサイレンス
エオリアンハープ11キングカメハメハサンデーサイレンス
ニシノブルームーン4タニノギムレットAlzao
ウェディングフジコ8フジキセキトニービン
チェレブリタ9ブラックホークアンバーシヤダイ
キストゥヘヴン4アドマイヤベガノーザンテースト
ピンクカメオ15フレンチデピュティSilver Hawk
ダンスオールナイト11エルコンドルパサーサンデーサイレンス

集計期間:2005. 3.12 ~ 2014. 3.16

キングマンボとロベルト

まず強調できるのがキングマンボとロベルトだ。

どちらもダート適性が高く、持続力レースに向いている。さらにこの時期の中山はタフな馬場状態であるため、タフさを兼ね揃えたこの2つの血が強調できる。

上記の血統表を見てもらえれば分かる通り、毎年必ず父か母父にキングマンボかロベルトを持つ馬が激走している。

昨年は10番人気のケイアイエレガントが好走し、3年前は父キングカメハメハとタニノギムレットの人気薄が馬券圏内を独占。2009年には二桁人気のピンクカメオ(母父ロベルト系)と父エルコンドルパサーのダンスオールナイトが大穴をあけている。

ちなみに昨年、対抗に抜擢したケイアイエレガントはこの2つの血を持ち合わせていた。今年はおそらく1番人気に支持されるが、引き続き有力だろう。

ナスルーラ(特にグレイソヴリン)

持続力レースといえばナスルーラ系。特にグレイソヴリンの血を持っている馬は毎年のように激走している。

昨年は2、3着が母父ナスルーラ系、一昨年は6番人気のマイネイサベル(父テレグノシス=グレイソヴリン系)が勝ちきった。母父グレイソヴリンのタニノギムレットの産駒が3年連続で好走しているように、明らかにグレイソヴリンを持つ馬の好走が目立っている。

警戒しておきたいところだ。

中山芝重賞の特注血統

最後に●●●●●●を挙げておきたい。中山の芝重賞といえばこの血。近年はこの血を持つ馬が少なくなってきているが、だからこそ強調できる。

その種牡馬の名(F)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

“中山マイスター”として知られたエアシェイディや、中山のGIを制したダイワメジャー、ダイワスカーレットの兄弟も、この血を色濃く持っていた。注意しておいて損はないだろう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!