今回は京都記念2016の検証をしていきます。

京都芝外回り2200mで行われる古馬のGIIです。過去血統のデータから、傾向を探っていきます。また、出走予定登録馬の血統を見て、この段階での注目馬を導き出していきます。

では、しっかり考察していくことにしましょー!



過去5回好走馬血統

kyotokinen2016_blood1

GI戦線で活躍する馬が始動戦として選択するレースだけあって大波乱というケースはなかなかありません。過去5年はすべて6番人気以内で決着。力がある馬がちゃんと走るレース、ということですね。

血統的にはディープ産駒が普通にいいくらいで「この血統を持っていたら買い!」というのは特にないですね。古馬の別定GIIということで、このレベルで走れる馬をチョイスしてから血統的な期待値を見て買うか買わないかを判断すればいいと思います。

続いて、人気馬の傾向を見ていきましょう。

過去5回人気馬血統

kyotokinen2016_blood2

稍重だった2年前以外は堅実に走っていますね。そして良馬場時に人気を裏切った馬たちに共通しているのが後ろから行った差し馬であるということ。京都記念は前に行った馬が有利なレースなので、脚質が前向きじゃない馬は少し疑ったほうがいいかもしれません。

出走予定・登録馬

kyotokinen2016_blood3

ここ最近、充実した成績を残している上がり馬レーヴミストラルが人気になりそう。昨年のクラシックを沸かせたタッチングスピーチとサトノクラウン、本格化の気配漂うヤマカツエースあたりが続く人気になるでしょうか。

この中でいうとレーヴミストラルとタッチングスピーチは差し馬ですから京都記念の傾向からいくと取りこぼしの可能性を考慮したほうが良さそうですね。

あとは血統的な観点からサトノクラウンにどんな評価をするかがポイントになりそう。これから分析して結論を導き出していきたいと思います。

そんなわけで、現時点で穴馬候補と考えているのがこの馬です。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

去年は出たレースすべてが不遇という残念過ぎる1年を送りました。血統的な観点から見ると納得の結果といったところ。今回は本当に久しぶりに条件が向きそう。そして仮に週末、雨が降って馬場が渋ることになれば期待値はさらに上がります

馬場読みができているので馬場が変わってほしくないと思う今日この頃ではありますが(汗)、馬場が渋ったらその腹いせにこの馬を全力で買うでしょうね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!