今回はステイヤーズステークス2015の検証をしていきます。

前回は予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



ステイヤーズSの出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1ファタモルガーナ2.8
2メイショウカドマツ3.9
3アルバート4.7
4スズカデヴィアス5.7
5ネオブラックダイヤ11.0
6カムフィー14.1
7トゥインクル16.6
8ヴァーゲンザイル29.6
9マイネルメダリスト33.7
10ケイアイチョウサン42.5
11トルークマクト76.6
12カノン131.7
13ウインインスパイア159.8
14プランスペスカ190.0
15サイモントルナーレ193.5
16ユキノサムライ303.1
17テンカイチ307.6
18ゴッドフロアー327.2

こんな感じですね。では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

ファタモルガーナ

2年連続で好走しているディープインパクト産駒。目黒記念以来の出走となります。

長期休み明けですが、過去の実績が重要なレース(=リピーターレース)なので、侮れない存在でしょう。高齢の割にキャリアは浅いですしね。

本命云々というタイプではありませんが、相手には加えておいたほうがよさそうです。

メイショウカドマツ

アルゼンチン共和国杯の2着馬。もともと長距離で期待値が高いダイワメジャー産駒に母父ロベルト系ですからタフな条件は得意なはず。そんな理由からアルゼンチン共和国杯では高く評価しました。

ここも悪くない条件だと思います。ただ、2、3番人気で買うような馬でもないかなぁとは思いますけどね。

アルバート

近3戦3勝と、本格化の気配が漂っています。本当はアルゼンチン共和国杯で買いたかったんですけど、除外されたのは残念でした。

母父ダンスインザダークというのはいいでしょう。ただ、父がミスプロ系というのはネックですね。同系統は基本的にパワーがある反面、淡白でスタミナ不足に陥りがち。例えば2005年以降、3000mを超えるレースにおける父ミスプロ系は(0−2−0−31)と散々な成績となっています。

アドマイヤドンの場合は芝でも走った馬ですし、菊花賞4着ですから許容範囲だとは思いますが……。

スズカデヴィアス

去年4着になっているのでリピーターレースという意味では抑えたほうがいいかもしれません。

ただし、あんまり買いたい条件は揃っていないんですよねぇ。キンカメ×サンデーという中距離の王道配合なので、スタミナに秀でているわけではありません。実際、馬券に絡んだレースはすべて2000〜2200mの中距離です。

一方、2500m以上ではなんだかんだで(0−0−0−5)と走っていません。

今回は叩き2戦目と微妙な実績(昨年4着)で人気になりそうなのも嫌ですね。キンカメは2戦目で反動が出る馬も多いですし。事実、過去の休み明け2戦目は人気より着順を落としています。

人気がないならおさえてもいいですが、人気なら嫌ったほうが妙味がありそう、という位置づけでいいのではないでしょうか。

ネオブラックダイヤ

キャリアを積んだ7歳のゼンノロブロイ産駒。あまり買いたいプロフィールではありませんね(苦笑)。

ただ3000m以上のレースではステイヤーズS6着、ダイヤモンド5着、天皇賞春5着と大負けしていないので、適性は高そう。母はエリシオ×トニービンというスタミナ配合ですしね。血統だけでおさえていい馬な気はします。

上位人気の評価はこんなところですね。

なお、穴馬候補の1頭になるのがこの馬でしょう。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

母系のスタミナが魅力的。お父さんは本質的には1800mがベストな種牡馬ですけど、母系が重たい分、この馬も長い距離で走っていますし、ここもこなせておかしくない。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!