今回は金鯱賞2015の検証をしていきます。

前回は予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



金鯱賞の出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1ディサイファ2.5
2レーヴミストラル3.8
3ベルーフ6.5
4サトノノブレス7.1
5ミトラ8.0
6クラレント12.0
7マジェスティハーツ14.0
8マイネルフロスト20.4
9パッションダンス21.5
10メイショウマンボ86.5
11オーシャンブルー127.3
12アロマカフェ167.8
13サンマルホーム396.0

こんな感じですね。では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

ディサイファ

天皇賞秋はどう考えても過剰人気でした

もともとGIIIレベルの馬で札幌記念は抜群の適性、毎日王冠は上位馬の自滅(アンビシャスの出遅れ、ヴァンセンヌは距離が長かった)に助けられ、押し出された形で2着になっていたので、ここは実力相応の舞台と言えるでしょう。

中日新聞杯で勝っていますし、母系が重たいズブいディープインパクトですから、おそらく合うはず。まぁ無難に買っておいたほうが良さそうですね。

レーヴミストラル

GIIで走るイメージはあまりないんですが、GII、GIIIレベルだと無難に走ってくるタイプだと思います。前走はこの馬を除いて1着から7着までが4角3、2、6、4、4、7という完全な位置取りレースでした。ただ1頭、差し脚を伸ばしてきましたから、それなりに評価できる内容です。

今回は距離が短くなりますし、いいんじゃないでしょうか。キンカメ産駒なので2戦目の反動が怖いですが。

ベルーフ

重賞で期待値が低いハービンジャー産駒。特殊な条件じゃないかぎり、本命にするのは得策ではないでしょう。菊花賞で負けた馬って「距離で負けた」って敗因をつけやすいので、次走人気になりやすいんですよね。その点もあまり買いたくない理由ではあります。

サトノノブレス

前走はあの競馬をしたならもう少し上位に来てほしかった、という内容でした。そういう意味では物足りなかったですね。

ただ、中京芝2000mで走っているディープインパクト×トニービンという配合ですし、昨年2着になっていますから、適性は合っていると思います。

ミトラ

重賞で期待値が高くないシンボリクリスエス産駒です。ここ最近は重賞で走っていますが、このレースと同じ条件の中日新聞杯では3番人気5着でした。

ただ中日新聞杯に比べて人気がなさそうなのと、「人気で好走はしたが微妙に人気より下」→人気落ちという流れは“買い時”ではあるので、相手には加えても良さそうですね。もっとも、軸にするような条件ではないので、扱いはご注意を。

上位人気の評価はこんなところですね。

なお、穴馬候補の1頭になるのがこの馬でしょう。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

上位人気馬がそれなりに走りそうなので、3連系で大穴を狙うより、この馬の単複勝負のほうがいいかなぁという気がしています。あとはオッズ次第ですね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!