今回はチャンピオンズカップ2015の検証をしていきます。

前回は予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



チャンピオンズカップの出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1ノンコノユメ2.8
2ホッコータルマエ3.0
3コパノリッキー3.4
4サウンドトゥルー15.7
5ナムラビクター19.7
6ローマンレジェンド20.7
7ロワジャルダン23.1
8アウォーディー24.3
9ダノンリバティ28.0
10ガンピット43.3
11クリノスターオー83.6
12コーリンベリー89.9
13グレープブランデー92.3
14ワンダーアキュート102.9
15サンビスタ120.9
16ハッピースプリント237.7
17ニホンピロアワーズ344.6
18グランドシチー513.3
19イッシンドウタイ699.3

こんな感じですね。では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

ノンコノユメ

ジャパンダートダービーを制して武蔵野Sで古馬を一蹴した現3歳世代のエース。武蔵野Sは2、3、4、5着が先行馬だった中、大外から一気の脚を使って差し切り勝ちですから、力が違ったという他ありません。1番人気に支持されるのも納得といったところ。

ただし、今回は逆風が吹いている気がしています

まず血統が微妙。JDDを勝っているので問題ないと思いますが、やっぱりトワイニング産駒ということでスタミナ面の不安が否めません。2000m→1600mの距離短縮というのも、トワイニング産駒にとっていいローテだったはず。となると今回、再びの距離延長でどうなのか、という不安があります。

もう一つは流れが良くないですね。前走は休み明けの古馬初対戦ということで2番人気に落ち着いていました。一方、今回は「叩き2戦目」、「前走のパフォーマンスや馬柱(4連勝)がいいこと」による過剰人気が必至なシチュエーションとなっています。

何度も書いていますが「叩き2戦目で上積み」なんてのは迷信です。(正確に書くと、休み明けがいい馬、叩いていい馬、という個性を持った馬はいます。しかし、競馬ファンは何でもかんでも「叩いたら走る」みたいな考えの人が多いので、人気になる。休み明けの反動が出て全く走らないケースも多々あるのに大体人気になるので、相対的な期待値がかなり低いんです)

力があるのは間違いないので普通に勝ち切ってしまうこともあると思うんですが、“買い時”かというと、全然違いますね。

コパノリッキー

去年は1番人気12着と人気を裏切りました。もっとも、スタートに失敗したという明確な敗因があったのも事実。実力も上位です。

が、この馬も血統は微妙。ゴールドアリュール×ティンバーカントリーというダート配合なので、スタミナ面の不安は拭えないですね。

ホッコータルマエ

去年の覇者。前走は休み明けにしても案外な走りだったので、いよいよ「衰えか?」という疑念が湧いてくるところ。

キングカメハメハ産駒は基本的にクラシック血統なので、仕上がりが早い。その分、成長力はそこそこなので、5、6歳になると衰えていくというのが普通の流れです。最近で言うとラブリーデイが5歳になってから覚醒しましたが、これはかなりのレアケースと考えていい。

事実、6歳以上になるとGIレベルでは勝負にならなくなってくる。芝ダート問わず、6歳以上のキンカメ産駒がJRAのGIに出た場合、(0−1−1−24)と勝ち馬はゼロ。

好走した2頭はケイアイエレガントとベルシャザール。ケイアイエレガントはヴィクトリアマイルでの逃げ粘りですから、再現性に乏しい内容だった感は否めません。ベルシャザールにしてもフェブラリーSでの1番人気3着ですから、人気より走れていない。

今年、地方のGIを2つ勝っていますが、地方と中央ではレースの厳しさがまるで違うのでアテにしすぎるのは危険です。去年の覇者なので適性があることは認めますが、買いやすいシチュエーションではないですよね。

サウンドトゥルー

前走JBCクラシックで2着に入った上がり馬。末脚が確実な馬なので、差し比べになるなら台頭してくるでしょう。

が、この馬も血統が微妙。フレンチなのでね。距離短縮はいいと思いますが、スタミナの求められる舞台なので……。3走前にこのコースで勝っていますが、完全な差し競馬になったことを考えると参考にしづらい。買うなら前走という感じの馬ですし、ここで買うのは色んな意味で負けな気がします

ナムラビクター

去年の2着馬であり、本命馬。ということで適性があるのは間違いないでしょう。

あとはゼンノロブロイ産駒が6歳になってどうなのか、という点のみ。まぁ去年の本命馬なので、今年は違う馬から入ろうかなぁとは思っていますが。

上位人気の評価はこんなところですね。荒れるかも。

なお、穴馬候補の1頭になるのがこの馬でしょう。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

競馬というのはベタが大事な場面もあるので、ベタにこの馬でいいかなぁという気もしています。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!