今回は京都2歳ステークス2015の検証をしていきます。

前回は予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



京都2歳Sの出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1アドマイヤエイカン2.3
2ドレッドノータス3.1
3ロライマ4.0
4キャノンストーム8.1
5ケルフロイデ13.7
6リスペクトアース14.1
7ジョルジュサンク32.9
8ウインクルサルーテ45.1
9コパノミライ91.4
10ダンツプリウス92.1
11オンザロックス128.4
12ウインテンダネス236.0

こんな感じですね。では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

アドマイヤエイカン

札幌2歳Sは強い競馬でしたね。力は上位でしょう。

ただハーツクライ産駒は1番人気で期待値が低いのがどうか。前走こそ勝ちましたが、基本的に2歳戦の期待値が高い血統ではないので、まぁ相手〜ヒモという評価に落ち着きそう。

ドレッドノータス

重賞で期待値が低いハービンジャー産駒。しかも1戦1勝、良血ということで人気になる可能性が高い馬です。

しかも新馬戦の週の京都はメイショウサムソンやハービンジャーがやたら来ていたので、馬場があっていた可能性も。買いたい理由は特に無いですね。

ロライマ

前走上がり最速を使って才能を示したキングカメハメハ産駒。まずまず適性はありそう。とはいえ、この馬も1戦1勝馬なので特に積極的に買うような馬ではないでしょう。

キャノンストーム

ワークフォース産駒で母母ファレノプシスという良血馬。それにしても1戦1勝馬は人気になりますね(笑)。

前走は上がりが36秒もかかるような不良馬場でのレースだったので、洋芝向きのワークフォース産駒に向いた部分がありました。お父さんがクラシック血統ではないので合うかもしれませんが、上積みという意味ではあまりなさそう。

ケルフロイデ

この馬もキングカメハメハ産駒。2戦2勝と、メンバー内ではアドマイヤエイカンに次ぐキャリアの持ち主ですね。

前走は特にいい内容だったわけではありません。ただ、キャリアを重ねている点、2戦とも先行できている点、前走で速い上がりを使っている点など、キンカメ産駒的に強調できる材料も。1戦1勝馬たちより期待値は高いでしょうから、注目してみたいですね。

なお、穴馬候補の1頭になるのがこの馬でしょう。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

●●●●●●産駒は意外と京都芝2000mへの適性が高いんですよね。13年の秋華賞では15番人気ながら好走したり。注目したい1頭です。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!