今回はジャパンカップ2015の検証をしていきましょう。

事実上の古馬中距離路線の最強馬決定戦。近年では天皇賞秋が“前哨戦”となっているくらい。

東京芝2400mという本格派の舞台と、誰もが手にしたい名誉と高額賞金がレースの権威を上げていますよね。

早速、ポイントをおさえていきましょー!



ジャパンカップのポイント

ジャパンカップのポイントをまとめてみました。

1.真の実力が問われる舞台設定
2.ダービー馬はダービー馬から、JC馬はJC馬から
3.日本馬>外国馬

です。

天皇賞秋の時にも書きましたが、東京の中距離GIは真の実力が問われる舞台設定になっています。よって、変な馬がうっかり好走するようなことはほぼ間違いなく、起こりえません。

日本の競馬で最も重要なコースで行われる、最も重要なレースですから、日本の競馬を背負っていく馬、背負ってきた馬しか好走できないようになっているんです。

それが血統面に現れています。

過去5年の好走馬のお父さんを見てみると……

ディープインパクト×4
ジャングルポケット×3
スペシャルウィーク×2
キングカメハメハ×2
ステイゴールド
ハーツクライ
シンボリクリスエス
ネオユニヴァース

そうそうたるメンバーですよね?

ハーツクライとステイゴールド、シンボリクリスエス以外はダービー馬。

ハーツクライにしてもダービー、ジャパンカップで2着。

ステイゴールドは3冠馬の父。(好走馬のオルフェーヴル自身がダービー馬)

シンボリクリスエスはダービー2着、ジャパンカップで2度の3着。(好走馬のエピファネイア自身がダービー2着)

というように、とにかく東京芝2400mと関わりのある血、関わりのある馬しか着ていないんです。

要するに……

・血統面の裏付け
・真の実力

この2つを満たす馬だけに好走の権利があるレースということです。

そんなわけで、上記の条件に合致する馬といえば、この子でしょう。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

ここでも通用する背景はあるので、期待したいと思います。あとは人気がどれほど出るか。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!