今回はエリザベス女王杯2015の検証をしていきます。

前回は予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



エリザベス女王杯の出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1ヌーヴォレコルト2.6
2ラキシス3.5
3ルージュバック5.9
4タッチングスピーチ7.3
5クイーンズリング10.5
6マリアライト12.5
7スマートレイアー19.6
8フーラブライド20.5
9ノボリディアーナ42.2
10タガノエトワール56.5
11シュンドルボン64.8
12メイショウマンボ84.5
13ウインリバティ91.4
14シャトーブランシュ92.1
15リラヴァティ278.4
16パワースポット344.5
17フェリーチェレガロ354.7
18リメインサイレント380.0
19カノン383.1
20フレイムコード903.5

こんな感じですね。では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

ヌーヴォレコルト

ヴィクトリアマイルこそ人気を裏切ったものの、牡馬混合GIの宝塚記念で5着、オールカマーで2着と確実に走っています。ヴィクトリアマイルは事故みたいなものなので、現在の牝馬路線で言えば力が指折りであることは明らかです。

昨年のエリザベス女王杯でも2着ですからここでも好走の可能性は高いでしょう。

ただし、本命にする馬、単勝を買う馬ではありません

1番人気のハーツクライ産駒は期待値が低いですし、そもそもハーツクライ産駒は京都の重賞が得意ではありません。馬場が渋る可能性が高い点は考慮しなければいけませんが、頭というより2、3着が現実的だと思います。

ラキシス

昨年の本命馬。エリザベス女王杯では2年連続好走中、馬場状態は問わず、ということで適性が高いことは間違いありません。

ただし、ここ最近の停滞はフレッシュさが大事なディープインパクト産駒に鮮度切れを思わせます。

エリザベス女王杯はリピーターレースなのと、騎手がムーアなので無視できませんが、妙味があるかというと……。

ルージュバック

エリザベス女王杯で活躍する3歳馬は牝馬クラシックで好走していることが条件。そう考えると、オークス2着のこの馬には資格があると考えられます。

もっとも、オークス以来の休み明け+相手強化という厳しいシチュエーションで3番人気というのは、ちょっと人気先行すぎますね。

タッチングスピーチ

前走は過剰人気でした。明らかに合わない条件だったので、6着というのはむしろよく頑張ったほうかと思います。

ディープインパクト産駒としては母系が重たいのでGIでどうか、といったところですが、馬場が渋ればこの重さが活きる可能性は十分にあります。内回りから外回りに変わるというのも悪くありません。

脚質が極端すぎるのがネックなんですが、前回よりは買える条件が揃っていますよね。

クイーンズリング

秋華賞の本命馬。タッチングスピーチと違ってこの馬は明らかに条件が悪くなっています

秋華賞は血統評価、総合評価ともに「A」でした。加えてデムーロ騎手がほとんど完璧な騎乗をし、不利を受けなかった上で2着という結果でした。

京都内回り2000mという条件はベストでしたから、距離が伸びて外回りコースになるというのは全く歓迎ではありません。人気になるなら嫌いたいですね。

 

以上が上位人気馬の考察になります。一番信用できそうなのはヌーヴォレコルトですかね。ただし、勝ちきるイメージがないので、そのあたりがどうか。

なお、穴馬候補の1頭になるのがこの馬でしょう。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

意外と京都の中距離で走るこの血統。道悪になるならなおよし。能力的に厳しいと思いますが、馬場が悪くなるなら父●●●●●●の血が騒ぐ可能性も。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!