今回は天皇賞秋2015の検証を行っていきましょう。

昨日に引き続き、有力馬の全頭診断になります!以下の考察は枠順確定前に書いたので、そのつもりで読んでいただけると幸いですm(_ _)m



ステファノス

大事に使われてきたディープ産駒。キャリアが浅くて鮮度は高い。GIは3回目ですが、前前走は海外でしたし、東京のGIは初めてですからフレッシュな状態と言っていいでしょう。毎日王冠で速い上がりを使っている点もいいですし、ここでも好勝負できるのでは?

スピルバーグ

前年の覇者。ここ3走は走っていませんが、産経大阪杯は不良馬場、2走前は海外、前走は展開と何かと言い訳できる理由がありました。

ただディープ産駒的に言うと、重賞続きでフレッシュさがないので微妙ですね。人気がないなら買っていいと思いますが、穴人気するようなら……。

ディサイファ

どんなレースもまじめに走る優等生。ここ最近は充実期にあり、人気の一角になる見込み。

個人的には札幌記念で◎を打った馬で力があるのは認めていますが、天皇賞向きかというと……。開幕週〜2週目の馬場だったらよかったんですが、先週を見る限り、少し馬場が変わったようなので、その点はマイナス。人気上位がそれなりに不安要素があるレースなのでその馬たちがコケるなら相対的に上の順位に来る可能性はあると思いますが。

ラストインパクト

ディープインパクト産駒ながら菊花賞や天皇賞で4着に来る馬。ナリタブライアンやビワハヤヒデの近親なので、そりゃスタミナはありますよ。が、東京のGIで来るディープ産駒の傾向とは異なりますから厳しそう。

ラブリーデイ

絶対的な強さは感じませんが、上位に来てしまう。血統は全く違いますけど、タイプとしてはジェンティルドンナのような馬ですね。とにかくレースセンスが◎。自分でレースを作ることができるし、常に好位で競馬を進められる。現代競馬で必要な要素を詰め込んだような馬です。

今回もそこまで合う条件ではないと思いますが、うまく競馬を運んで来てしまう気がします。ただ勝ちきるというより末脚のある馬に差されて2、3着のイメージ(まぁ要するにジェンティルドンナ的な競馬になるんじゃないかなぁと)

ワンアンドオンリー

低迷期になってしまったダービー馬。ここから抜けだすのは簡単じゃなさそうですね。

ただ凡走したレースにはすべてちゃんとした理由があったことは気にしておくべきでしょう。前走にしても上がり32秒台の末脚比べになったらそりゃ届かないですよ。

ハーツクライ産駒の中距離重賞における期待値は高いですし、人気はガタ落ちでしょうから、狙うとしたら今回じゃないかと感じています。

ヴァンセンヌ

6歳ながらまだキャリア14戦というフレッシュなディープインパクト。前走はまぁ叩き台という解釈をできる1戦なので、そこまで気にしなくてOKかなぁと思っています。距離云々が騒がれていますが、スタミナの問われる安田記念で2着に来たわけですから、問題無いでしょう。後は単純に衰えていければ、突っ込んでくる可能性は十分だと感じます。

この中で好走の可能性が高く、かつ妙味がありそうな馬といえばこの馬ですかね。

その馬の名(G)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→評価』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

血統的に悪くありませんし、ベタですが好走ローテ、前哨戦の内容もまずまず、という感じですからね。人気もあまりなさそうですし、狙ってみたい1頭です。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!