さて、東京にGIが帰ってきます。天皇賞秋。秋古馬3冠の初戦がやってきます。

近年はジャパンカップや有馬記念を目指す陣営が多くて「ジャパンカップのステップレース」みたいな位置づけになっていますが、とても好きなレースの一つ。

近年で言えばなんといっても2012年のエイシンフラッシュの年が最高でした。

◎04 フェノーメノ→2着
◯12 エイシンフラッシュ→1着
▲06 ルーラーシップ→3着

かたい予想でしたが、上位評価3頭で決着しました。これはこれでいい思い出。

そして言うまでもなく、この年は天覧競馬でした。

当時、僕は競馬場にいました。馬券が当たったことで興奮していたのは当然ですが、何より感動したのはミルコ・デムーロ騎手の立ち振舞です。

松永幹夫騎手のように、馬上から一礼するんだろうなー、と思ってみていましたが、馬から降りて片膝をついて敬礼……。

かっこ良すぎだろ、デムーロ!!

と、当たり馬券よりM・デムーロ騎手に泣かされたのがいい思い出です。

今年も印象に残るような素晴らしい天皇賞になるといいですね。



最強馬決定戦

天皇賞秋を予想する上ではじめに頭に入れておきたいのは、日本競馬の仕組みです。

日本の競馬で最も重要とされるレースはなんですか? 言うまでもなく……

日本ダービー

ですよね? 日本ダービーが行われるのは東京競馬場であり、ダービーの他にも秋古馬3冠のうち、2つが東京競馬場で行われます。

有馬記念はグランプリとして盛り上がりますが、やはり一番勝ちたいレースは日本ダービーであり、一番賞金が高いレース(=重要なレース)はジャパンカップなんです。(今後は有馬記念も同じ額になるようですが)

要するに何が言いたいかといえば……

日本の競馬において「強い」とされる馬の基準は「東京の芝中距離GIで勝てる馬」ということになります。

ダート馬や極端な短距離血統は別として、基本的にすべての競走馬が東京の芝中距離GIを目指す仕組みになっているんです。調教師や牧場もダービーやジャパンカップで勝てるような馬作りを根幹としている。

要するに相対的にレベルが高く、紛れが起こりにくい

そして、真の実力馬のみが上位にこられる

それが天皇賞秋の特徴と言っていいでしょう。

東京競馬場自体が紛れの起こりにくいコース形態になっているので、今まで恵まれてきた馬の化けの皮が剥がれやすい。

そういった適性を見極め、本当に強い馬を見極められるかどうかがポイントになってきます。もちろん、血統的な裏付けがあるかどうかも。

ということを頭に入れたうえで予想を組み立てていきます。一週間、お付き合いください。

ちなみに今のところ、買おうと思っているのはこの馬です。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→評価』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

たぶん、距離の問題があって全然人気がないと思うんですが、ギリギリこなせると思うんですよね。血統的には面白いですし、買った方がいい1頭だと思います。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!