今回は富士ステークスの検証を行っていきましょう。

富士Sは枠順にかなり傾向があるレースなんですよね。しかも先週の馬場もかなり特徴的だったので、しっかりみていきましょー!



富士Sの枠順傾向

以下が過去10年の枠順別の成績です。

 

枠番着別度数
1枠0- 1- 0-18/19
2枠2- 1- 0-17/20
3枠1- 0- 3-16/20
4枠0- 2- 0-18/20
5枠2- 2- 1-15/20
6枠2- 0- 2-16/20
7枠1- 2- 4-18/25
8枠2- 2- 0-23/27

集計期間:2005.10.22 ~ 2014.10.25

 

特徴としては「意外と外枠が来ている」という点でしょうね。勝ち馬は10頭中7頭が5枠から外。1枠は19頭走って馬券圏内に入ったのが1頭のみ。

普通のレースでは無意識のうちに外枠を嫌う方も多いと思いますが、富士Sに関してはその概念を捨てたほうがいいということですね。

しかも先週の東京を見てみると……

枠番着別度数
1枠0- 0- 0-16/16
2枠0- 1- 1-15/17
3枠2- 1- 2-12/17
4枠0- 1- 0-16/17
5枠2- 0- 3-17/22
6枠3- 2- 1-16/22
7枠4- 2- 1-18/25
8枠1- 5- 4-18/28

集計期間:2015.10.17 ~ 2015.10.18

 

外枠しか着ていない( ー`дー´)キリッ

はい、とにかく外枠の差し馬がバンバン穴を開ける週だったんです。反対に1、2枠は1、2番人気が4頭ずつ入りましたが、勝った馬はゼロ。馬券圏内に入ったのは1、2番人気が1頭ずつという超低水準でした。

先週は雨の影響がありましたし、今週1週間は雨が降りませんでしたから傾向が変わっている可能性はあると思います。ただ、これだけ明確な傾向が出ている中であえて逆をつくこともないんじゃないかな、と。

ということで、基本的に「内枠軽視」、「軸馬は中〜外枠から」という考え方でいいと思います。

穴馬候補だったシャイニープリンスとブレイズアトレイルあたりは厳しくなりましたね。ダノンプラチナも久々の中、不利な内枠で揉まれるのはよくないでしょう。

反対にいい枠を引いたのはこの馬ですね。

その馬の名(B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

ちょうどいい枠順に入りましたし、血統もいい。あとは人気次第ですが、本命まで考えてもいいと思います。少なくとも馬券圏内に入れておいたほうがいいでしょうね!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!