今回は2015年の秋華賞の検証していきましょう。

今回はマンハッタンカフェ産駒に注目してみましょう。

血統予想をする上で「流れを読むこと」はとても重要な予想ファクターの一つになります。そして、今年の3歳世代で“流れ”をつかんでいるのがマンハッタンカフェ産駒なんです。



当たり年の底力

多分、春のクラシックでも書いたと思うんですが、今年(現3歳世代)はマンハッタンカフェ産駒の“当たり年”です。

ルージュバック(オークス2着、きさらぎ賞1着)
クイーンズリング(桜花賞4着、フィリーズレビュー1着)
シングウィズジョイ(フローラS1着)
アースライズ(オークス4着、フラワーカップ2着)
ダノングラシアス(ファンタジーS2着)

牝馬重賞3勝はディープインパクト産駒と並んで世代トップ。GIでは勝てていないものの、ルージュバックがオークスで2着、アースライズが同4着となり、クイーンズリングが桜花賞で4着と、接戦を演じています。

普通の重賞、特にGIであればマンハッタンカフェ産駒の牝馬は強調できません。GIを勝ったのはレッドディザイアのみで、大成することが少なく、期待値が低いからです。

ただし、現3歳世代のマンカフェ牝馬はレベルが高いので、大仕事をやってのけるポテンシャルを秘めていると言えます。

よって、“流れ”に従うならマンカフェ牝馬に期待するのも悪く無いでしょう。

しかも舞台は秋華賞。マンカフェ牝馬(レッドディザイア)が唯一勝っているGIです。シチュエーションとしては決して悪くないでしょう。

特にこの馬には期待したいですね。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

血統レベルは一流。春は一悶着あり、前走も流れが向かない中で力を示しました。ここでも面白い存在になるでしょう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!