7月4日のブログ推奨馬

今週から本格的な夏競馬ですね。

夏競馬+開幕週+天候が不安定という3連コンボでかなりわけがわからない1日になりそう。こういう日は無理をせずに明日のための1日とするのが無難でしょうね。

ちなみに馬場次第ではラジオNIKKEI賞、CBC賞ともに勝負度が高くなりそうな可能性があるので、しっかりと馬場読みしていきたいですね。ほんと、そろそろ当てないと(苦笑)。

前述のとおり、今日は控え目に。

中京3R 3歳未勝利/勝負度D

◎07 クリノチクバオー

夏競馬、ローカルの3場開催、しかもこの時期の未勝利ということでメンバーレベルがグンッと低くなっている。低レベルの混戦、適正次第では近走大敗の馬でも巻き返しが可能となる。

クリノチクバオーはストームキャット系のジャイアントレッカーを父に持ち、ダートの才能を秘めている。力的にも前走や3走前くらい走れれば十分足りる。

上位人気を見ると、まぁロウアンドロウは無難に走ってくると思うが、それ以外は微妙なところ。ヒルノリヴァプールは走ってくる可能性は十分ありそう。ただし、初ダートで人気になっているなら、嫌ってもいいだろう(※人気薄なら積極的に狙うべきだが)。ヤマニンロードンにしても、母系は芝血統でダートで台頭できる保証はない。(父スペシャルウィークというだけで走ってくる可能性はあるが。)シームストレスは押し上げられた人気で信頼性に関しては疑問。

ということでこのくらいの馬で十分ではないか、という見解。

函館11R TVh杯/勝負度D

●●●●●●●を推奨したい。

その馬の名(G)は↓↓(ランキング内で『レース名→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

一変があるとすればこの馬か。

近親に阪神牝馬ステークス勝ちのクィーンズバーン、ダート短距離のOP馬ルベーゼドランジェ、ダノンカモンらがいる血統。スピードとパワーに溢れる血統であるため、函館の芝&距離短縮が合う可能性は十分

冬の中山重賞で好走しているように、重たい芝への適性はある。また、キレる脚はないが前へ行けばしぶとい脚を持っている。

近走は着順こそ悪いが、特に2走前は掲示板に載った5頭のうち4頭が4角10番手以下という完全な差し競馬となった。4角3番手で回ったこの馬にとって厳しい展開であり、参考外でOKの1戦。前走はスタートが決まらなかった。普通に出ればもっと走れていい。

近2走は着順こそ悪いが、0.5秒差、0.8秒差と着順ほど負けていない。内枠からスタートを決められれば、チャンスはありそう。何よりここまで人気がないなら、狙うのも手だろう。

JINの勝ち組育成メルマガ

血統やデータ、人間の思惑に至るまで多角的な分析で競馬の真相に迫る

「なぜその馬が買えるのか?」という疑問に徹底的に答える充実の内容を完備。競馬を深く知りたい、楽しみたい、という方はこちらまで。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!