安田記念は失意の結果となった。

週中から何度もクラレントを注目馬として挙げたが、熟考の結果、本命をダノンシャークに変更。クラレントは対抗としたが、これが完全に裏目に出てしまった。

クラレントは買える要素だらけだった。唯一、枠順が微妙だったことと充実度を考えるとさすがに頭まではないと判断。相手筆頭としたわけだが……。

クラレントが買えた理由は以下の様なものだ。メルマガから抜粋。

父ダンスインザダーク、
母父ダンシングブレーヴという血統。

血統は文句なし。
ニジンスキー、セントサイモン、
そしてテスコボーイと、
安田記念で強調できる血の詰め合わせだ。

ダンスインザダーク産駒は
ツルマルボーイやジョリーダンスら、
安田記念で穴を開けている。

血統では最も期待できる1頭と言えそうだ。

安田記念を経験し、58キロの克服歴もある。
NHKマイルカップ3着の実績もあり、
穴馬の条件に完全に合致している。

GIでは届かない馬というイメージだが、
今まではGIを本気で狙うような
調整が行われてこなかった。

マイルチャンピオンシップでは
2連続でプラス12キロという体たらくぶり、
昨年の安田記念にしても不良馬場という
特殊な環境によって力を発揮できなかった。

今回はほとんどはじめて走れる条件が揃っている。

ダービー卿チャレンジトロフィーは
58.5キロという酷な斤量を背負っていた。
しかも完全な差し競馬となったため、展開が向かず。

前走にしてもあの高速決着では凡走も無理なかった

今回は条件が好転しているため、
巻き返しが見込める。

遂にGIでこの馬に重い印を打つ時が来た。

以上。

これだけの要素が揃っていながら、攻めの予想ができなかったことが悔やまれる。

そもそもモーリスを嫌ったため、ダメだったわけだが、それにしてもクラレントという攻めの予想ができたかどうかは今後に関わってくる。そういう意味で、かなり痛手となる安田記念となった。もちろんダノンシャークも同じくらい魅力的だったわけだが……。

それでも競馬は続いていく。何日かで頭を切り替え、週末に備えなければならない。辛い結果になってしまったが、前を向いて行きたい。

さて、来週はエプソムカップとマーメイドステークスが開催される。

それぞれの現時点での本命候補はこの馬だ。

その馬の名(A→エプソム、B→マーメイド)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!