今回は安田記念の血統考察を行っていこう。

前回の考察では安田記念の本質に迫り、買うべき馬のタイプについて書いた。

その点を踏まえ、春のマイル王決定戦で強調できる馬を見つけていこう。

安田記念の血統考察

前回、「安田記念はペースが緩まないため、スタミナのある馬を買うのがセオリー」と書いた。

当然、血統面でスタミナの裏付けがある馬を買わなければいけない。

いろいろな見方があって詳しくはメルマガに書くため、ここには明かせないが、ひとつ変わった見方をお伝えしよう。

安田記念が府中のマイルGIだからといって、普通にコースの種牡馬成績を集計しても意味がない。より、安田記念のレース質に近い条件に絞って見ていく必要がある。

ということで、以下の集計方法を用いる。

・1000m通過が59秒以下のレースに限定

1000m通過が59秒を超えるようなスローペースのレースは除外する。こうすることでスローの瞬発力勝負を省き、ハイ〜ミドルペースで流れたレースでどんな血統の馬が好走しているか、知ることができる

上記の設定に独自の方法を加えて集計してみると……

種牡馬勝率複勝率
ダンスインザダーク20.0%50.0%
スズカマンボ25.0%50.0%
アグネスタキオン14.3%42.9%
シンボリクリスエス21.1%36.8%
ディープインパクト7.5%31.3%
キングカメハメハ11.1%28.9%
サクラプレジデント12.5%25.0%
ダイワメジャー14.8%22.2%
スクリーンヒーロー0.0%0.0%

集計期間:2012. 2. 4 ~ 2015. 5.30

以上のようなランキングになる。

もっとも強調できるのはダンスインザダークやスズカマンボ。サンデー系の中では地味なたぐいの種牡馬に分類される。非サンデー系のシンボリクリスエスも好成績だ。

一方、ディープインパクトは複勝率わずか31%。ちなみに単勝回収値はわずか15!5勝に対して2着が12回というのは明らかに勝ちきれていない。また、複勝回収値も67と、かなりの低水準だ。

今回、ディープインパクト産駒は大挙して押し寄せてきているわけだが、ほとんどの馬が人気を裏切っているわけだから、少なくとも馬券圏内を独占するようなことはないだろう。

よって、今回の検証からすると、最も強調できる穴馬はこの馬だ。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

GIでは凡走続きで全く結果が出ていない。今回も人気薄確実だ。しかし、過去を振り返ってみるとGIではメイチに仕上げてこなかったことが分かる。今回、しっかりと調整してくるようであれば、激走のチャンスはある。注目したい。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!