最近、GIウィークは有力馬診断という形でお伝えしてきたが、「予想の過程がしりたい」という声もいただいていたため、久々にブログで検証を行っていくことにする。

ブログでは概要を、メルマガではより深く、核心をついた検証を行っていきたいと思っている。期待してもらえると幸いだ。

では、今回は安田記念について書いていこう。

春のマイル王決定戦で求められる要素とは、何なのだろうか?

安田記念の“本質”

安田記念というレースの概要を知るためには、例年のラップを振り返る必要がある。

昨年は不良馬場だったため参考外として、良馬場開催における過去4年のラップを見ていこう。

2013年
12.0-10.7-11.2-11.4-11.7-11.5-11.3-11.7

2012年
12.2-10.7-10.9-11.1-11.4-11.3-11.8-11.9

2011年
12.3-10.7-10.9-11.5-11.6-11.2-11.6-12.2

2010年
12.0-10.7-10.9-11.3-11.4-11.3-11.7-12.4

なんといっても特徴は、ペースによどみがない点だ。

東京競馬場は直線が長い。直線に備えてコーナーで脚を溜め、結果としてスローペースになるケースがとても多い。一方、安田記念は道中10秒台から11秒台中盤で推移する。脚を溜める時間がないのだ。

「脚と溜める時間がない=休める時間がない」ということだから、スタミナがない馬は最後の直線で伸びてこられない。よって、スタミナのある馬を狙うのが安田記念のセオリーといえる。

では、スタミナのある馬をどうやって見つけていけばいいのか?

色々方法はあるが、ひとつは血統を見ることだ。

安田記念過去5年好走馬血統

着順種牡馬母父馬
ハーツクライWild Again
サクラバクシンオーサンデーサイレンス
マンハッタンカフェStorm Cat
キングカメハメハStorm Cat
マンハッタンカフェStorm Cat
ディープインパクトCaerleon
シンボリクリスエスSmart Strike
サクラバクシンオーサンデーサイレンス
キングカメハメハリヴリア
ディープインパクトMeadowlake
シンボリクリスエスSmart Strike
タニノギムレットサンデーサイレンス
エアジハードトニービン
ロドリゴデトリアーノエルセニョール
タニノギムレットサンデーサイレンス

集計期間:2010. 6. 6 ~ 2014. 6. 8

見ていただくと分かるとおり、父サンデー系の数が少ない。サンデー系は瞬発力が最大の持ち味だ。しかし、安田記念は脚を溜めることができないレース質になる。よって、サンデー系は最大の強みを活かすことができずに凡退していくケースが多いのだ。

代わりに台頭してくるのが、非サンデー系の穴馬というわけである。

少なくとも瞬発力に特化したサンデー系は疑ってかかるべきだろう。

なお、上記の条件に当てはまる穴馬はこの馬だ。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

究極の瞬発力勝負となった前走は参考外でOK。ここなら巻き返せるはずだし、一気の人気落ちとなる今回はかなりの狙い目だろう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!