今回はNHKマイルカップの有力馬診断を行っていこう。

最初に取り上げるのはクラリティスカイだ。朝日杯フューチュリティステークスで3着に好走したクロフネ産駒。

馬券的な観点から見て、どのように扱っていけばいいのだろうか? 見ていくことにしよう。

クラリティスカイの信頼度

実績は十分。人気になるだけの根拠はある。

ごまかしの効かない阪神芝外回り1800mで行われる朝日杯フューチュリティステークスで3着。その前には府中のマイル戦いちょうステークスを快勝している。

3歳になってからは馬券に絡んでいないが、クロフネ産駒が中山芝2000mの重賞で掲示板に載れば“御の字”だろう。しかもそのレースが皐月賞というのだから価値が高い。距離短縮は間違いなくプラスに働くだろうし、基本的には実力上位と考えていい1頭だ。

懸念点を挙げるとするなら「前走逃げている点」だろうか。

逃げるというのは競走馬にとって、気持ちが良いことだ。周囲からあからさまなマークを受けない限り、なんのストレスもなく、自分のペースで走れる。だからこそ、いい結果に結びつくことも多い。

ただし、逃げた次のレースというのは“鬼門”となる。

前走気持よく逃げていい結果を残した馬は、いくつかのリスクを背負っている。

・前走で気持よく逃げているため、今回逃げても快感が得られない
・前走逃げて結果を出した場合、周囲にマークされやすい
・逃げられなかった時、嫌になってやめてしまいかねない

クラリティスカイは前走、キャリアで初めて逃げた。おそらく気持ちがよかったことだろう。だからこそ、あまり向かない皐月賞で掲示板に載れたのだ。

では今回はどうだろうか? 前走“逃げの快感”を味わったため、前走以上に気持よく走ることは期待できない。加えて皐月賞で5着になったため、周囲からマークされること必死だ。逃げられなかった場合、やる気を無くしてしまう可能性も否定できない。

しかも府中のマイルGIは逃げ切り勝ちが極めて決まりにくい。

そう考えると、クラリティスカイはそれなりの危険性をはらんだ人気馬と言えそうだ。前述のように強調材料はあるが、冷静に判断していかなければならない。

ちなみに同じような理由で強調できないのがこの馬だろう。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

まず前走のレベルが疑問だし、必要以上に人気する可能性がある。そう考えると、あまり妙味のある馬とは言えなさそうだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!