今回はNHKマイルカップの考察を行っていこう。

3歳マイル王決定戦の位置づけられるレース。

馬券的な観点から見て、どのように扱っていけばいいのだろうか? 見ていくことにしよう。

混戦のメンバー

まず登録馬の一覧を見て思うことは「大混戦」ということだ。

http://jinkeiba.com/2015/0503/9406

想定ではグランシルクやアルビアーノあたりが人気になる見込み。

ただグランシルクは重賞未勝利馬。前走は大外から追い込んで2着と、印象に残りやすいレースぶりだった。しかし、出遅れグセがあるのであれば信用することはできない。人気馬ならなおさらだ。

アルビアーノは“無敗ブランド”で上位人気に支持されるだろう。しかし、それほどレベルが高かったとはいえない牝馬限定のフラワーカップの勝ち馬が牡馬と対戦して通用するのか。また、府中のマイルコースは逃げが決まりにくい。脚質的な不安もある。

上位人気はそれぞれ不安がある。これは荒れる予感しかしない。

100万馬券の歴史

そもそもNHKマイルカップは波乱が起こりやすい。なんと過去10回で二桁人気馬が3勝。3回も100万馬券が出ている

2014年 3連単123万円
2009年 3連単238万円
2007年 3連単973万円

昨年にしても1番人気のミッキーアイルが勝ち切ったものの、僅差の2、3着に入ったのは17番人気のタガノブルグと12番人気のキングズオブザサンだった。3連単の配当は68万円。

よって、今回は波乱を想定して予想していきたいと思っている。

なお、例年穴をあける馬のタイプは決っている。それがこういったタイプだ。

その馬の名(B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

府中のマイルは●●●●が求められる。よって、こういった戦績を持っている馬が穴を開けるのだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!