今回は青葉賞の考察を行っていこう。

今回スポットライトを当てるのは1番人気が予想されるレーヴミストラル。「勝ち切れない理由」と書いたのにはそれなりの理由がある。

馬券的な観点から見て、どのように扱っていけばいいのだろうか? 見ていくことにしよう。

致命傷となる“遅生まれ”

レーヴミストラルは普通に考えれば買っていい馬だろう。特に未勝利戦はそれなりにレベルが高かった。比較的一貫したラップを刻み、純粋な実力が求められるようなレース質だった。そんな中、2着に0.2秒差をつけたのだから価値がある。

2着のレーゲンヴァルトは次走2着、2走後1着で勝ち上がり、3着のワンダーアツレッタは次走勝ちあがり、2走後にすみれステークス3着、若葉ステークス2着になっているのだから、それなりにレベルが高かった。

前走のアザレア賞では瞬発力が問われるレースに対応上がり1位の鋭い切れ味で差し切ってみせた。ここで上位人気に支持されるのも頷ける。

ただひとつネックとなっている。それが、誕生月だ。

レーヴミストラルは5月8日生まれ。競走馬としては比較的遅生まれだ。遅生まれだとどういった弊害が出てくるのか? 当然、成長は他の馬に比べてゆっくりになる。

事実、青葉賞における5月以降に生まれた馬の成績は(0−2−2−12)と勝ちきれていない。2番人気2頭、4番人気3頭と、それなりに上位人気に支持された馬もいたが、勝った馬は1頭もいない。

これは何も青葉賞だけの傾向ではなく、ほとんどの2、3歳重賞(特に底力より早熟性が問われるトライアルレース)で言えることだ。

レーヴ一族はレーヴダムール(阪神ジュベナイルフィリーズ2着)、レーヴディソール(同1着)を筆頭に、早熟傾向にあるわけだが、彼らは1〜4月生まれだった。5月生まれのこの馬が勝てるのかどうか、注目が集まる。

当然、“未知の人気馬は嫌う”の鉄則からいくと、嫌って妙味ありだと思うが。

さて、レーヴミストラルと違った理由で1着はないのではないかと考えているのはこの馬だ

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

瞬発力血統が良いレースのため、父がキレないこの馬は血統的なハンディを背負っている。あまり強調できる馬ではない。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!