今回は日本ダービーの有力馬診断を行っていこう。

ドゥラメンテ、リアルスティールに続いて取り上げるのはレーヴミストラルだ。青葉賞を制したキングカメハメハ産駒はダービーで輝けるのか。

馬券的な観点から見て、どのように扱っていけばいいのだろうか? 見ていくことにしよう。

レーヴミストラルの信頼度

名門レーヴドスカー一族の1頭。兄弟にはアプレザンレーヴ、レーヴドリアン、レーヴディソールら、重賞ウィナーが多数いる。血統背景は出走馬の中でも屈指だ。

キャリアを通じてすべて上がり2位以内の末脚を使っている。青葉賞を快勝したパフォーマンスを見れば「ダービーでも」と考えたくなる。

では、レーヴミストラルは買えるのか?

ここではベタな不安要素を2つほど挙げておくことにしよう

まずひとつは人間面だ。

松田博資調教師はベガ、ブエナビスタ、ハープスターといった名牝たちを管理した。しかし、芝で活躍した牡馬の大物といえば、アドマイヤムーンくらい。

3歳のクラシックとは全く縁がなく、ダービーも未勝利だ。

昨年は橋口弘次郎調教師が念願のダービー初制覇を成し遂げた。ただ、橋口氏はハーツクライを筆頭に、ダンスインザダーク、ローズキングダムといった牡馬の大物たちを管理してきた。彼らはいずれもダービー2着。いつダービーを勝ってもおかしくないキャリアを築いていた。

松田博調教師の実績はどうしても見劣りしてしまう。

さらにベタベタな不安要素を書いておくと、青葉賞馬はいまだにダービーを勝てていない

シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、フェノーメノなど、2着馬は何頭か出ている。ペルーサなど、大きな期待を背負って出走した馬もいた。しかし、1頭も勝てていない。

3歳の若駒にとって、東京の芝2400mを短い期間に2度経験するというのは過酷なことなのだ。

「ダービー未勝利の調教師」+「ダービー未勝利の青葉賞組」ということで、少なくとも単勝の期待値は極めて低いと言わざるをえない。

その他の要素も加味して印を決める予定だが、頭で買うことはないだろう

なお、皐月賞組以外で買いたい馬といえばこの馬だ。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走は特殊な馬場状態であったため、ノーカウントでOK。もともと素質が高く、血統はいいため、穴馬の1頭と考えておきたい。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!