今回は皐月賞の有力馬診断を行っていこう。

サトノクラウンとリアルスティール、ドゥラメンテ、ブライトエンブレム、ベルーフに続いて取り上げるのはダノンプラチナだ。朝日杯フューチュリティステークスを制したGI馬は前走スプリングステークス3着からここへ参戦してくる。

馬券的な観点から見て、どのように扱っていけばいいのだろうか? 見ていくことにしよう。

なお、皐月賞の徹底検証はメールマガジンで行っていく。競馬の本質に迫り、複数のファクターと多角的な角度からの分析によってこのレースを丸裸にしていく。興味がある方はこちらに登録を。

PayPalから申しこめば2週間は完全無料で購読できるため、その期間にこのメルマガの価値を見定めて貰えれば幸いだ。

JINの勝ち組育成メルマガ

高速馬場なら……

ダノンプラチナは距離不安がささやかれている

関係者は「マイルがベスト」という発言を何度もしているし、蛯名正義騎手は朝日杯FSの勝利ジョッキーインタビューの際に「距離が伸びるのはどうか」とクラシックへ向けた不安を口にしていた。

実際、スプリングSを終えて不安は大きくなった。3着に入ったものの、直線で伸び切れなかった内容は「やっぱり距離が」を印象づけるには十分なものだった。

当然、距離に不安があるタイプの馬は皐月賞でいらない。よって、「軽視が妥当」と当初は考えていた。

だが、ここに来てそんな簡単な問題ではなくなってきている

今週の中山は金曜日から晴れが続くため、皐月賞は高速馬場で行われる可能性が高い。高速馬場になると、マイラー血統やマイル実績のある馬が台頭しやすい

しかも先週の中山ではディープインパクト産駒が3勝を挙げた。うち1頭は6番人気の伏兵。他にもキングカメハメハ産駒が2勝、ハーツクライ産駒が1勝と、“王道血統”が台頭した。

そうなると、「マイル実績」があり、「父ディープの王道血統」であるこの馬が走ってもおかしくないシチューエーションになりつつあるのだ。

最終的に土曜日の馬場を見て判断しなければならないが、現時点で「安易に消せる馬ではない」と書いておこう。その他の検証項目や血統評価はメルマガで。

ちなみにマイル的なスピードが問われる馬場になった時、台頭しそうな馬はこの馬だ。

その馬の名(G)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

マイル重賞で好走した実績を持ち、前走は距離の不安がないことも示した。さすがに荷が重そうであるが、世間が思っているほど弱い馬ではないため、馬場次第では一発がありそうだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!