今週は阪神芝外回り1600mで行われる桜花賞を徹底的に検証してきた。

今一度、検証を振り返り、予想の参考にしよう!

桜花賞2015予想考察1│出走予定馬まとめ!勢力図を予想
桜花賞2015予想考察1│出走予定馬まとめ!勢力図を予想
桜花賞2015予想考察3│ルージュバックの不安要素
桜花賞2015予想考察4│ココロノアイが積み重ねた実績の凄さ
桜花賞2015予想考察5│クイーンズリングが該当する致命的データと取捨選択
桜花賞2015予想考察6│出走馬と枠順確定!明暗を探る
桜花賞2015予想考察7│ルージュバックに死角?週末の天気は……

また桜花賞の徹底検証はメルマガで行っている。検証項目は以下のとおり。

・舞台設定を読み解く/Vol.730
・8連勝中の特注配合/Vol.731
・強調できないディープ産駒/Vol.732
・“お嬢様”はお呼びでない/Vol.733
・ベタなマイナス要素/Vol.734
・生産者がほしいタイトル/Vol.735
・全頭診断1、2、3

詳細はこちらへ→JINの勝ち組育成メルマガ

なお、想定人気は以下のとおり。

1番人気 ルージュバック
2番人気 ココロノアイ
3番人気 クイーンズリング
4番人気 アンドリエッテ
5番人気 レッツゴードンキ

この中で最も嫌いたいと感じているのはこの馬だ。

その馬の名(J)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

この馬の父は“優等生”として知られている。

総合力が高くてどんなレースでもある程度上位になる一方、突出したところがなく、勝ち切れないことが多い。私は「オール80点種牡馬」と呼んでいる。

事実、この種牡馬はリーディングトップを獲得したことがあるほど優れているにもかかわらず、GIを複数回勝った馬は1頭もいない。

特に牝馬でGIを勝って大成したといえるのは1頭のみ

そう考えると、あまり信頼性の高い血統とはいえない。

本来強調できないローテーションを歩んできている点はそれほど気にしなくてもいいと感じられるが、血統的な期待値が高くないとなると、あまり手を出したい人気馬とは思わない

最終的に扱いをどうするかは、この後行う最終検証が終わるまで分からない。ただ、ヒモ以上の印をつけることはないだろう。

最終結論はメルマガと競馬予想グランプリで配信予定。乞うご期待!

JINの勝ち組育成メルマガ

血統やデータ、人間の思惑に至るまで多角的な分析で競馬の真相に迫る

「なぜその馬が買えるのか?」という疑問に徹底的に答える充実の内容を完備。競馬を深く知りたい、楽しみたい、という方はこちらまで。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!