桜花賞の出走馬と枠順が発表された。

ルージュバック、ココロノアイ、クイーンズリングといった有力馬はどんな枠に入ったのか? 注目の伏兵たちは台頭できるのか? 見ていくことにしよう。

なお、桜花賞の徹底検証はメルマガで行っている。

あらゆる可能性を考慮し、多角的な目線で検証を行っている。一つのレースをこれだけ徹底的に分析するメルマガも、他にないのではないだろうか。

もちろん、検証だけでなく、結果も出している。成績はメルマガのページを参照あれ。

メルマガの内容は桜花賞だけでなく、あらゆるレースに応用できる内容となっている。興味がある方はぜひ登録を。一緒に競馬を楽しみ、勝っていこう

JINの勝ち組育成メルマガ

桜花賞枠順

1枠1番 コンテッサトゥーレ(牝3│栗東│安田│C.ルメール)
1枠2番 ムーンエクスプレス(牝3│栗東│鈴木孝│松山)
2枠3番 ノットフォーマル(牝3│美浦│中野│黛)
2枠4番 トーセンラーク(牝3│美浦│菅原│吉田隼)
3枠5番 ペルフィカ(牝3│栗東│岡田│菱田)
3枠6番 レッツゴードンキ(牝3│栗東│梅田│岩田)
4枠7番 クルミナル(牝3│栗東│須貝│池添)
4枠8番 ルージュバック(牝3│美浦│大竹│戸崎)
5枠9番 アンドリエッテ(牝3│栗東│牧田│川田)
5枠10番 アースライズ(牝3│栗東│矢作│幸)
6枠11番 キャットコイン(牝3│美浦│二ノ宮│柴田善)
6枠12番 ローデッド(牝3│栗東│荒川│川島)
7枠13番 クイーンズリング(牝3│栗東│吉村│M.デムーロ)
7枠14番 テンダリーヴォイス(牝3│美浦│萩原│福永)
7枠15番 ココロノアイ(牝3│美浦│尾関│横山典)
8枠16番 メイショウメイゲツ(牝3│美浦│小島太│吉田豊)
8枠17番 レオパルディナ(牝3│栗東│高橋康│武豊)
8枠18番 クールホタルビ(牝3│栗東│清水久│小牧)

ルージュバックは4枠8番、ココロノアイは7枠15番、クイーンズリングは7枠13番に入った。では、どの枠順に入った馬が強調できるのか、見ていこう。

桜花賞│過去9回枠順別成績

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠0- 0- 0-18/180.0%0.0%00
2枠0- 0- 1-17/180.0%5.6%028
3枠0- 0- 0-18/180.0%0.0%00
4枠2- 2- 0-13/1711.8%23.5%12861
5枠3- 0- 2-13/1816.7%27.8%49141
6枠0- 1- 3-14/180.0%22.2%070
7枠2- 3- 2-20/277.4%25.9%208103
8枠2- 3- 1-21/277.4%22.2%26154

集計期間:2006. 4. 9 ~ 2014. 4.13

ご覧のとおり、明らかな傾向があることがお分かりだろう。

1〜3枠は過去9年で54頭が走ったが、わずか1頭しか馬券に絡んでいない。阪神ジュベナイルフィリーズでもそうだが、阪神芝外回り1600mは明らかに内枠不利、外枠有利なコースなのだ。

コンテッサトゥーレやレッツゴードンキは厳しい枠を引いたと言わざるを得ない。

一方、外枠を引いたココロノアイ、クイーンズリングらはいい枠を引いたといえる。特にいい枠に入ったのはこの馬だ。

その馬の名(G)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

この馬の場合、前走の枠順が最悪だった。圧倒的に不利な枠順の中で2着に好走。桜花賞への出走権を手にした。今回は悪くない枠順を引いただけに、前走からの上積みが見込める。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!