今回は阪神牝馬ステークスの血統検証を行っていこう。

阪神芝内回り1400mで行われる牝馬限定のGII戦で強調できる血とは何なのだろうか?

歴代好走馬の血統から、激走馬のヒントを見つけ出していこう。

阪神牝馬S│過去5回好走馬血統

馬名種牡馬母父馬
スマートレイアー1ディープインパクトホワイトマズル
ウリウリ3ディープインパクトフレンチデピュティ
ローブティサージュ9ウォーエンブレムSingspiel
サウンドオブハート2アグネスタキオンCaerleon
イチオクノホシ4ゼンノロブロイKendor
クィーンズバーン7スペシャルウィークOgygian
クィーンズバーン11スペシャルウィークOgygian
マルセリーナ2ディープインパクトMarju
フミノイマージン4マンハッタンカフェDixieland Band
カレンチャン1クロフネトニービン
アンシェルブルー7マンハッタンカフェStorm Cat
スプリングサンダー3クロフネKingmambo
アイアムカミノマゴ9アグネスタキオンDanzig Connection
プロヴィナージュ5フレンチデピュティサンデーサイレンス
カノヤザクラ10サクラバクシンオーWoodman

集計期間:2010. 4.10 ~ 2014. 4.12

注目したいのはサンデーサイレンスの血が躍動していることだ。

サンデー系は芝の中距離を得意としている。幅広い距離で活躍しているが、1200〜1400mや3000mを超えるような長距離では基本的にパフォーマンスを落とす。

しかし、阪神牝馬Sでは過去5年の好走馬15頭のうち10頭が父サンデー系である。

昨年はディープインパクト産駒のワンツー。その前の2年はサンデー系が馬券圏内を独占。さらに2011年に至っては上位人気5頭がすべて父非サンデー系という勢力図の中、7番人気のアンシェルブルーが低評価を覆して激走している。

細かい説明は省くが、阪神牝馬Sでは速い上がりを使える馬が強調できる。上がりの瞬発力に優れた馬といえばサンデー系。よって、サンデー系が強調できるレースなのだ。

今年は上位人気がサンデー系になりそう。となると取捨選択が重要になってきそうだ。

そんな中で面白そうな馬といえばこの馬だろう。

その馬の名(F)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前前走は距離、前走は枠順に泣いた。久々に条件が合いそうなレースに出走してくる。ここは人気落ち必至であるだけに、妙味もあるだろう。面白い穴馬と言ってよさそうだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!