今回は2週間後に迫った皐月賞の出走予定・登録馬を見ていこう。

ディープインパクト産駒のリアルスティールやシャイニングレイ、無敗馬サトノクラウン、大物感漂うドゥラメンテなど楽しみなメンバーが揃った。

今年はどんなレースになるのだろうか? まずは出走メンバーを確認していこう。

2015年 4月19日(日) 3回中山8日目 19頭 [仮想出馬表]
【11R】  第75回皐月賞
3歳・オープン・G1(定量)(牡・牝)(国際)(指定) 芝2000m (B)

馬名性齢斤量
アダムスブリッジ牡357ゼンノロブロイ
アンビシャス牡357ディープインパクト
キタサンブラック牡357ブラックタイド
クラリティスカイ牡357クロフネ
グァンチャーレ牡357スクリーンヒーロー
コメート牡357ブラックタイド
サトノクラウン牡357Marju
シャイニングレイ牡357ディープインパクト
スピリッツミノル牡357ディープスカイ
タガノエスプレッソ牡357ブラックタイド
ダノンプラチナ牡357ディープインパクト
ダノンリバティ牡357キングカメハメハ
ドゥラメンテ牡357キングカメハメハ
ブライトエンブレム牡357ネオユニヴァース
ベルーフ牡357ハービンジャー
ベルラップ牡357ハーツクライ
ミュゼエイリアン牡357スクリーンヒーロー
リアルスティール牡357ディープインパクト
ワンダーアツレッタ牡357エンパイアメーカー

勢力図を予想

中心となるのはリアルスティールだろうか。

1戦1勝の見ながら共同通信杯を制し、前走のスプリングステークスでは本番を想定した“試走”で2着に入った。世代屈指の実力を持っていることは確かだろう。

もっとも、人気ほどの信頼性はどうだろうか?

例えば今までのキャリアでは少頭数のスローペースしか経験していない。皐月賞はフルゲートでよどみない流れとなることが通例だ。今までと異なる流れに対応できるのか、確証はない。数々のGIレースを制しているディープインパクト産駒だが、皐月賞は未勝利。あまり向いている条件ではないため、人気で信頼しすぎるのはどうか。

また、鞍上の福永騎手はエピファネイアで臨んだ菊花賞以外、牡馬クラシックでの実績がない。2012年にワールドエースで臨んだ皐月賞は大外から追い込むも、2着に終わっている。勝ちきるまではどうか、不安は尽きない。

無敗馬サトノクラウンは日本で馴染みの薄いマルジュー産駒。スローペースの弥生賞は勝ち切ってみせたが、父はマイラー血統だけに、よどみなく流れる2000mへの適応が鍵になりそうだ。

距離という意味ではダノンプラチナも不安がある。朝日杯フューチュリティステークスを制したことでマイルで力があることを示した。しかし、前走のスプリングSでは伸びきらずに3着。距離が伸びていいタイプではなさそうなだけに、人気になるならどうか。

才能という意味ではドゥラメンテは世代屈指の能力を持っているように映る。母アドマイヤグルーヴ、母母エアグルーヴという超良血馬は2戦2勝。特にキャリア2戦目の未勝利におけるパフォーマンスは圧巻だった。ベストが東京なのは間違いないだけに、中山への適応力が鍵を握りそう。

他にも触れなければならない馬は多いが、期待している馬=現時点での本命候補はこの馬だ。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走の凡走は想定内。むしろあの条件で僅差の4着なら上々の出来だった。トライアルを勝った馬たちが軒並み本番でパフォーマンスを落としそうな中、この馬は間違いなく皐月賞のほうが向いている。

クラシックを狙える超良血馬でもあるだけに、人気を落とすようなら本命まで考えたい。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!