いよいよ牡馬クラシック初戦の皐月賞。馬場考察の結果、興味深い傾向が出ていることが分かったため、勝負していきたいと思っている。

一見、かたそうに見える皐月賞だが、十分に波乱の可能性あり。ぜひ、荒れてほしい。

中山11R 皐月賞

皐月賞の検証、未読の方はこちらから御覧ください。

↓↓↓

皐月賞2015予想考察8│検証まとめと嫌いたい人気馬とは?

上記の検証を頭に入れた上で、●●●●●●●を推奨したい。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『レース名→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

最も妙味があるのはこの馬だろう。

まず血統が評価できる。父父は中山GI3勝の●●●●●●●。さらに父は今の中山の“特注血統”である●●●●●●●の血を持っている。近親にGI馬がいる母系であり、スケール感は悪くない。

戦績は地味だが、キャリアを振り返ってみると十分に評価できる

前走は総合力が問われるコースで先行押し切りという“王道の競馬”を披露。時計的にも悪くなく、レベルはそこそこ高かった。

2走前は現3歳世代屈指のハイレベルレース。瞬発力勝負が苦手なこの馬にとって厳しい展開となったが、粘って4着。今回上位人気に支持されている2頭と差のない競馬をした。この2頭はどちらも明らかに東京向きであり、中山にコース替わりする今回は差を埋められる可能性は十分にある。

3走前は惨敗したが、玉砕覚悟の人気薄に終始絡まれる最悪の展開だったことを考慮すればノーカウントでOK。上位4頭中3頭が差し馬(先行して残った1頭は次走で快勝)だったことを考えてもマイナス評価をする必要はない。

また、4走前は負けた2頭は後の重賞馬だ。瞬発力勝負で負けただけであり、決して力負けではない。

・血統が合う
・実力がある(敗戦はいずれも明確な理由あり)

にもかかわらず、朝の時点で二桁人気。これは買い材料しかない。

前走からの反動が気になるため本命にはいたらなかったが、穴馬の筆頭格として期待したい。

ただし、より期待したい馬がいたため、本命はそちらに打った。予想の全容はメルマガと競馬予想グランプリで配信する。乞うご期待!

JINの勝ち組育成メルマガ

血統やデータ、人間の思惑に至るまで多角的な分析で競馬の真相に迫る

「なぜその馬が買えるのか?」という疑問に徹底的に答える充実の内容を完備。競馬を深く知りたい、楽しみたい、という方はこちらまで。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!