今回は中日新聞杯で強調できる血統について書いていこう。

昨日は強調できる種牡馬を3頭挙げたが、もう1頭、触れておかなければならない種牡馬がいる。

中京芝2000mの重賞で強調できる馬の正体とは?

似た血統馬を探すべし

中京芝2000mの重賞といえば、忘れてはならない種牡馬がいる。その名は……

ゴールドアリュール

中日新聞杯、金鯱賞、そして愛知杯という中京芝2000mの重賞におけるトータルの成績は(1−0−1−4)。これだけ見たら特に特筆すべき成績ではないように思えるが、内訳を見ると、注目したい理由が分かるはずだ。

2014年
5着 トウカイパラダイス(12番人気)

2013年 愛知杯
1着 フーラブライト(12番人気)

中日新聞杯
3着 トウカイパラダイス(3番人気)

2012年 金鯱賞
4着 トウカイパラダイス(9番人気)

フーラブライトが12番人気ながら愛知杯を制し、トウカイパラダイスは人気薄ながら激走を繰り返している。

異なる2頭の馬、しかも人気薄の馬がどちらも激走しているのだから、激走の理由が血統であることは明らかだ。

では今回もゴールドアリュール産駒を買えばいい……という話であるのだが、残念ながら出走予定馬の中にゴールドアリュール産駒はいない。

「なんだ、無駄な検証じゃないか」

そう思うかもしれない。しかし、より深く見ていくと、強調できる馬が見えてくる。

ゴールドアリュールがいないのであれば、同じような血統の馬を見つければいい。ゴールドアリュールの血統といえば……

ゴールドアリュール
父サンデーサイレンス(サンデー系)
母父ヌレイエフ(ノーザンダンサー系)

これと似た配合の馬がいるかどうか見てみると……1頭、ズバリ合致する馬がいるではないか。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

父、母父ともに同じ系統。ちなみに昨年、10番人気ながら中日新聞杯を制したマーティンボロと同じ配合だ。強調できないはずがない。

人気になるそうなのが残念だが、血統的な観点から見ると、ほぼパーフェクトであるため、買わない訳にはいかないだろう。3番人気程度に収まるなら、勝負してもいい馬だと感じている。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!