今回は中日新聞杯の検証を行っていこう。

中京芝2000mで行われるGIIIのハンデ戦で強調できる要素とは何なのだろうか?

まずは血統面から、激走馬の共通点を探っていくことにしよう。

中日新聞杯│過去3回好走馬血統

馬名種牡馬母父馬
マーティンボロ10ディープインパクトNureyev
ラキシス3ディープインパクトStorm Cat
ラブリーデイ4キングカメハメハダンスインザダーク
サトノアポロ5シンボリクリスエスBering
アドマイヤタイシ1SingspielDubai Millennium
トウカイパラダイス3ゴールドアリュールマルゼンスキー
スマートギア6マーベラスサンデーパドスール
ダンツホウテイ9マンハッタンカフェNureyev
ダノンバラード1ディープインパクトUnbridled

集計期間:2012. 3. 4 ~ 2014. 3.15

中京芝2000mの重賞でピックアップしなければならない種牡馬といえば、なんといってもディープインパクトだろう。

ディープインパクトといえば京都がいいイメージをお持ちの方が多いだろうが、中京芝2000mも負けず劣らずの成績を残している。

過去3年で3頭の好走馬を輩出。特に昨年は10番人気のマーティンボロと3番人気のラキシスがワンツー。2年前は馬券に絡まなかったが、パッションダンスが4番人気4着と、しっかり好走している。

この傾向は中日新聞杯に限ったことではない。

同じ芝2000mで行われる重賞といえば、金鯱賞と愛知杯が挙げられる。昨年の愛知杯ではキャトルフィーユが、金鯱賞ではラストインパクトとサトノノブレスが好走している。2012年以降のトータルの成績を見ると……

ディープインパクト産駒
(2−4−1−10)
勝率12%
複勝率41%
単勝回収値202
複勝回収値169

ご覧のとおり、素晴らしい成績が残っている。

つまり、ディープインパクト産駒を見つけたら「即買」でいいわけだ。今回は3頭が出走予定。

ダノンジェラート
ディサイファ
パッションダンス

ダノンジェラートは力がある上がり馬。ディサイファとパッションダンスは重賞ウィナーという実績馬だ。少なくとも抑えておかなければならないだろう。

懸念点を挙げるとすれば、3頭とも6歳以上という点だろうか。ディープインパクト産駒は枯れやすいため、高齢馬の成績は良くない。この辺りはしっかりと見極めていきたいところだ。

なお、ディープインパクト以外に注目したい種牡馬は2頭いる。

まず1頭はキングカメハメハだ。コース好走率40%、単複回収値100超と、素晴らしい成績を残しているため、注目しておくべきだろう。

そしてもう1頭が、この馬の父馬だ。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

データが少ないため何とも言えないが、17頭走って複勝率35%、単複回収値100超はまずまずの数字だ。中京の重たい芝は合うはず。注目しておいて損はないはずだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!