今回はフェブラリーステークスの歴代好走馬に当てはまる“意外な共通点”について書いていこう。

東京ダート1600mで求められる要素を考えれば、この共通点が単なる偶然でないことが分かるはずだ。

求められる芝適正

東京のダートコースは他の競馬場に比べて直線が長い。よって、ダート競馬で重要な推進力とパワーに比べ、瞬発力も求められる。

事実、フェブラリーSでは速い上がりを叩き出さないと好走できない

過去10年の好走馬30頭のうち、実に24頭が上がり3位以内を記録。さらに3頭は5位以内で、6位以下はわずか3頭のみだった。

つまり、芝的な要素を持った馬が強調できるのだ。

例えば、過去の好走馬を見てみると、過去に芝のレースで好走している馬が多かった。特に芝で速い上がりを使えていた馬の健闘が目立っている。

2013年
ベルシャザール
スプリングS2着(上がり3位)
日本ダービー3着

2013年
グレープブランデー
すみれS2着(上がり3位)

エスポワールシチー
未勝利1着
※芝7走のうち、2走で上がり2位以内

2012年
テスタマッタ
新馬戦1着(上がり1位)

シルクフォーチュン
京王杯SC5着(上がり1位)

ご覧のとおり、過去3年だけ見ても5頭が芝で実績があった。しかも速い上がりを使い、瞬発力があることを証明していた。

特にOP以上のレベルの高いレースで速い上がりを使って好走した馬は要注意だ。

今年の出走メンバーの中で、歴代好走馬以外にこの条件に合致している馬といえば、この馬だ。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!