今週は今年初のGIフェブラリーステークスの検証を徹底的に行なっていく。

まずはフェブラリーSの“位置づけ”から考えていこう。一般的に「春のダート王決定戦」と呼ばれるレースだが、現在のダートのレース体系を考えると“ある意外な一面”が見えてくる。

その“裏の顔”に的中へのヒントが隠されている。

フェブラリーの“裏の顔”

日本人にとって春は始まりの季節だ。

年度が切り替わり、入学式や入社式が行われる。ここがスタート、新たな生活の始まり――。

それが日本人の感じる春という季節の印象だろう。

フェブラリーSは「春のダート王決定戦」と位置づけられている。だからフェブラリーSから、2015年のダート競馬が始めるような印象を受ける。

しかし、実際にはそうではない。

始まりの季節である春は、もう一つの顔を持っている。それが……

終わりの季節

という側面だ。入学式がある一方で卒業式がある。年度が切り替わり、入社式が行われる一方、年度を切り替えるために決算がある。

そう、フェブラリーSはまさにダート路線の“決算”といえるレースなのだ。

現在のダート路線は中央・地方を合わせて11つのGIがある。うち、古馬のGIは9つ。開催順に並べると……

1月 川崎記念
2月 フェブラリーS
5月 かしわ記念
6月 帝王賞
10月 マイルチャンピオンシップ南部杯
11月 JBCレディスクラシック
11月 JBCスプリント
11月 JBCクラシック
12月 チャンピオンズカップ

ここで一つ気付かされることがある。10月〜2月まで、1カ月に1度はGIがある。一方、(競馬のシーズンではない夏はもちろん)フェブラリーS終了後、かしわ記念までかなり間隔が空いている。有力馬はかしわ記念をパスすることも多いため、実質、6月の帝王賞まで4カ月も大レースがない。

つまり、現在のダート路線における“始まりの季節”は春ではなく、10月なのだ。そこからGIが続き、一区切りつくのが2月ということになる。

よって、フェブラリーSはダート路線の“総決算”という意味合いを含んでいる。

“総決算”の意味合いがあるレースでどんなことが重要になるのか? それを考えることで、フェブラリーSで狙える馬が見えてくる。詳細はメルマガで書くが、端的に言えば「余力勝負」という側面が大きい。

宝塚記念や有馬記念がそうであるように、GIを連戦してきた馬は“見えない疲労”を抱えているはず。その見えない疲労がピークに達するのがフェブラリーSであり、そういう馬はここで好走することができない。

そのことを頭に入れて予想していくべきだろう。

なお、人気馬の中で明らかに1頭、“見えない疲労”が溜まっている可能性が高い馬がいる

その馬の名(B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!