今回は京都記念の血統考察を行っていこう。

京都外回りの芝2200mで行われるGIIで強調できる血とは何なのだろうか? 同じ条件で行われるエリザベス女王杯や京都新聞杯も参考に考えていこう。

脅威すぎる“あの種牡馬”

京都芝外回り2200mで行われる重賞は3つある。

京都記念
京都新聞杯
エリザベス女王杯

どれもGII以上のグレードの高いレースだ。この3レースの好走馬を見てみると、ある1頭の種牡馬が驚異的な成績を残していることが分かる。

その種牡馬は当然……

ディープインパクト

いまさら書く必要はないかもしれないが、改めてこの種牡馬の凄さを振り返ってみよう。

実に2012年の京都新聞杯以降、すべてのレースで馬券に絡んでいる。

レース名着順馬名種牡馬
エリザベG1ラキシス3ディープインパクト
京都新聞G2ガリバルディ5ディープインパクト
京都記念G2トーセンラー2ディープインパクト
エリザベG1ラキシス6ディープインパクト
京都新聞G2キズナ1ディープインパクト
京都記念G2トーセンラー6ディープインパクト
京都記念G2ベールドインパクト3ディープインパクト
エリザベG1ヴィルシーナ1ディープインパクト
エリザベG1ピクシープリンセス5ディープインパクト
京都新聞G2トーセンホマレボシ5ディープインパクト
京都新聞G2ベールドインパクト2ディープインパクト
京都新聞G2エキストラエンド1ディープインパクト

集計期間:2010. 2.20 ~ 2014.11.16

3番人気のラキシスがエリザベス女王杯を制し、6番人気のトーセンラーが京都記念を、5番人気のトーセンホマレボシが京都新聞杯を勝っている。

人気馬だけでなく、人気薄も馬券に絡んでいるのだから、適性の高さは明らかだろう。

中でも信頼性が高いのは母系が軽い血統だ。

ディープインパクト×米国ダート血統(ミスプロ系、キングマンボ系、ヴァイスリージェント系、ストームキャット系)の組み合わせは2012年以降、(3−3−2−7)で複勝率50%以上。さらに10番人気のククイナッツレイが4着になるなど、掲示板率は80%だ。当然、単複回収値は100超である。

ディープインパクト産駒、中でも母系が米国ダート血統の場合、重たい印を打つべきだろう。

ということで注目の穴馬はこの馬だ。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!